「アヴァチンスカヤ山」の版間の差分

編集の要約なし
m (Botによる: Bot作業依頼 大陸別山カテゴリ (Category:アジアの山) を追加)
編集の要約なし
 
|地図 = {{Location map | Russia Far Eastern Federal District| relief = 1 | label = アヴァチンスカヤ山}}
}}
'''アヴァチンスカヤ山'''({{lang-ru|Авачинская сопка}})は[[ロシア]]極東の[[カムチャツカ半島]]にある[[成層火山]]である。また、'''アバチャ山'''({{lang-ru|Авача}})、'''アバチンスキー山'''({{lang-ru|Авачинский}})とも呼ばれている。南西には[[カムチャツカ地方]]の首府である[[ペトロパブロフスク・カムチャツキー]]、付近には同じく活火山である[[コリャークスキ山]]がある。近年では[[2008年]]に噴火している<ref name=gvp>{{cite gvp|vn=300100|name=Avachinsky|accessdate=2010-03-05}}</ref><ref>[http://www.volcanodiscovery.com/avachinsky.html Avachinsky volcano on VolcanoDiscovery]</ref>。
アヴァチンスカヤ山は[[環太平洋造山帯]]上にあり、付近では[[太平洋プレート]]が[[ユーラシアプレート]]の下に沈み込んでいる。
[[更新世]]中期~後期頃から火山活動を始めたと考えられており、3~4万年前に形成された馬蹄形の[[カルデラ]]が見られる。カルデラ内では1万8千年前と7千年前の噴火により、新たな中央火口丘が形成された<ref>{{Citation |last=Droznin |first=D. |last2=Levin |first2=V. |last3=Park |first3=J. |last4=Gordeev |first4=E. |year=2002 |title=Detailed Mapping of Seismic Anisotropy Indicators in Southeastern Kamchatka |work=American Geophysical Union, Fall Meeting 2002 }}</ref><ref>{{Citation |last=Levin |first=V. |last2=Park |first2=J. |last3=Gordeev |first3=E. |last4=Droznin |first4=D. |year=2002 |title=Complex Anisotropic Structure of the Mantle Wedge Beneath Kamchatka Volcanoes |work=American Geophysical Union, Fall Meeting 2002 }}.</ref><ref>{{Citation |last=Taran |first=Y. A. |last2=Connor |first2=C. B. |last3=Shapar |first3=V. N. |last4=Ovsyannikov |first4=A. A. |last5=Bilichenko |first5=A. A. |year=1997 |title=Fumarolic activity of Avachinsky and Koryaksky volcanoes, Kamchatka, from 1993 to 1994 |journal=Bulletin of Volcanology |volume=58 |issue=6 |pages=441–448 |doi=10.1007/s004450050152 |bibcode = 1997BVol...58..441T }}</ref>。
[[Category:アジアの火山]]
[[Category:活火山]]
[[Category:ロシアのカルデラ]]
[[Category:アジアのカルデラ]]
[[Category:ヨーロッパのカルデラ]]
[[Category:2000メートル峰]]
112

回編集