「小松原英太郎」の版間の差分

m
(リンク調整)
 
}}
[[File:Komatubara eitaro.jpg|thumb|200px|小松原英太郎]]
[[File:Late Mr. Eitaro Komatsubara, Former President of the Japan-China Educational Association.jpg|thumb|200px|小松原英太郎]]
[[File:Komatsubara Eitaro.jpg|thumb|文部大臣時代]]
'''小松原 英太郎'''(こまつばら えいたろう、[[嘉永]]5年[[2月16日 (旧暦)|2月16日]]([[1852年]][[3月6日]]) - [[大正]]8年([[1919年]])[[12月26日]])は、[[戦前]]の[[官僚]]・[[政治家]]。[[錦鶏間祗候]]、[[枢密院 (日本)|枢密顧問官]]、[[埼玉県知事]]、[[静岡県知事]]、[[長崎県知事]]、[[司法次官]]、[[内務次官]]、[[文部大臣]]、[[農商務大臣]]、[[貴族院勅選議員]]、[[東洋協会]]会長、[[皇典講究所]]長、[[大阪毎日新聞社]]社長、[[日華学会]]長、[[斯文会]]会長、[[國學院大學]]学長、[[内務省 (日本)|内務省]][[警保局長]]等、[[ベルリン]]公使館駐在を歴任。 [[拓殖大学]]第2代学長。
69

回編集