「木澤景」の版間の差分

多すぎる内部リンク
(多すぎる内部リンク)
 
{{Infobox 哲学者
| region = <!-- 哲学的地域 -->
| era = <!-- 哲学的時代 -->
| image_name = <!-- 画像ファイル名 -->
| image_size = <!-- 画像サイズ -->
| image_alt = <!-- 画像代替テキスト -->
| image_caption = <!-- 画像キャプション -->
| name = <!-- 氏名 -->木澤 景
| other_names = <!-- 別名 -->
| birth_date = <!-- 生年月日 {{Birth date and age|YYYY|MM|DD}} -->[[1979年]]
| birth_place = <!-- 出身地 -->
| death_date = <!-- 死没日 {{Death date and age|YYYY|MM|DD|YYYY|MM|DD}} -->
| death_place = <!-- 死没地 -->
| school_tradition = <!-- 学派 -->
| main_interests = <!-- 研究分野 -->[[倫理学]]<br />[[日本倫理思想史]]
| notable_ideas = <!-- 主な概念 -->[[叡山浄土教]]と<br />[[日本文化]]の[[研究]]<br />[[日本人]]の[[真理]]観と<br />その習得法の研究
| influences = <!-- 哲学者自身が影響を受けた人物 -->[[源信 (僧侶)|源信]]<br />[[菅野覚明]]
| influenced = <!-- 哲学者自身が影響を与えた人物 -->
| signature = <!-- 署名画像ファイル名 -->
| signature_alt = <!-- 署名画像代替テキスト -->
| website = <!-- 公式サイト -->
}}
'''木澤 景'''(きざわ けい、[[1979年]] - )は、[[日本]]の[[哲学者]]([[倫理学]]・[[日本倫理思想史]])。[[学位]]は[[博士(文学)]]([[東京大学]]・[[2016年]])。[[静岡県立大学]][[国際関係学部]][[准教授]][[大学院]][[国際関係学研究科]]准教授。
 
== 概要 ==
[[倫理学]]や[[日本倫理思想史]]を専攻する[[哲学者]]である<ref name="senmonBunya">「専門分野」『[https://db.u-shizuoka-ken.ac.jp/show/i-kizawakei.html 静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学]』[[静岡県立大学]]。</ref>。[[叡山浄土教]]と[[日本文化]]に関する[[研究]]などで知られている<ref name="shuyoKenkyuTheme">「主要研究テーマ」『[https://db.u-shizuoka-ken.ac.jp/show/i-kizawakei.html 静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学]』[[静岡県立大学]]。</ref>。多くの教育・研究機関にて[[非常勤講師]]として教鞭を執ったのち<ref name="omonaKeireki">「主な経歴」『[https://db.u-shizuoka-ken.ac.jp/show/i-kizawakei.html 静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学]』[[静岡県立大学]]。</ref>、[[静岡県立大学]][[常勤]][[教員]]として採用され<ref name="omonaKeireki"/>、後進の育成に努めた<ref name="omonaKeireki"/>。
 
== 来歴 ==
=== 生い立ち ===
[[1979年]]([[昭和]]54年)に生まれた。[[日本|]]が[[学校の設置者|設置]]・運営する[[東京大学]]に進学し<ref name="gakureki">「学歴」『[https://db.u-shizuoka-ken.ac.jp/show/i-kizawakei.html 静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学]』[[静岡県立大学]]。</ref><ref group="†">[[東京大学]]は、のちに[[日本|]]から[[国立大学法人東京大学]]に移管されている。</ref>、[[東京大学大学院人文社会系研究科・文学部|文学部]]の思想文化学科で学んだ<ref name="gakureki"/>。思想文化学科においては、倫理学専修課程に在籍した<ref name="gakureki"/>。[[2003年]]([[平成]]15年)[[3)3]]、東京大学を卒業した<ref name="gakureki"/>。その後、東京大学の[[大学院]]に進学し<ref name="gakureki"/>、[[東京大学大学院人文社会系研究科・文学部|人文社会系研究科]]の基礎文化研究専攻で学んだ<ref name="gakureki"/>。基礎文化研究専攻においては倫理学専門分野に在籍し<ref name="gakureki"/>、[[僧侶]]の[[源信 (僧侶)|源信]]が著した『[[往生要集]]』について[[研究]]した<ref name="ut">「2006、2007年度修士論文執筆者・題目一覧」『[http://www.l.u-tokyo.ac.jp/schema/annual_report9/nenpo9.2.05rinri.html 年報9第2部05倫理学]』[[東京大学大学院人文社会系研究科・文学部|東京大学文学部・大学院人文社会系研究科]]。</ref>。在学中は[[哲学者]]の[[菅野覚明]]から指導を受け<ref name="ut"/>、「総合の行としての念仏――《往生要集》の思想」<ref name="ut"/>と題した[[修士論文]]を執筆した<ref name="ut"/>。[[2008年]](平成20年)[[3)3]]、東京大学の大学院における[[修士課程]]を修了した<ref name="gakureki"/>。それに伴い、[[修士]]の[[学位]]を取得した。[[2013年]](平成25年)[[3)3]]には[[博士課程]]を単位取得退学している<ref name="gakureki"/>。なお、修士論文と同じく「総合の行としての念仏――《往生要集》の思想」<ref name="cinii">「書誌事項」『[https://ci.nii.ac.jp/naid/500000997335/ CiNii 博士論文 - 総合の行としての念仏 : 『往生要集』の思想]』[[国立情報学研究所]]。</ref>と題した[[博士論文]]を執筆したことから、[[2016年]](平成28年)[[3月3日]]に[[博士(文学)]]の学位を取得した<ref name="cinii"/><ref>学位授与番号甲第32288号。</ref>。
 
=== 研究者として ===
[[大学院生]]として学ぶ傍ら<ref name="gakureki"/>、複数の教育・研究機関の職を兼任していた<ref name="omonaKeireki"/>。[[2011年]](平成23年)[[4)4]]から[[2020年]]([[令和]]2年)[[3)3]]にかけて、[[学校法人国士舘|国士舘]]が設置・運営する[[国士舘大学]]に[[非常勤]]で勤務し<ref name="omonaKeireki"/>、[[文学部]]の[[講師]]を務めていた<ref name="omonaKeireki"/>。また、[[2012年]](平成24年)[[4)4]]から2020年(令和2年)3月にかけては、[[静岡県公立大学法人|県と同名の公立大学法人]]により設置・運営される[[静岡県立大学]]に非常勤で勤務し<ref name="omonaKeireki"/>、[[国際関係学部]]の講師を務めた<ref name="omonaKeireki"/>。さらに、2012年(平成24年)4月から[[2019年]](令和元年)[[9)9]]にかけて、[[国立大学法人お茶の水女子大学|同名の国立大学法人]]により設置・運営される[[お茶の水女子大学]]に非常勤で勤務し<ref name="omonaKeireki"/>、[[文教育学部]]の講師を務めていた<ref name="omonaKeireki"/>。
 
大学院の博士課程を単位取得退学して以降も<ref name="gakureki"/>、複数の教育・研究機関の職を兼任していた<ref name="omonaKeireki"/>。2013年(平成25年)[[4)4]]から2020年(令和2年)3月にかけては、[[学校法人東京理科大学|同名の学校法人]]により設置・運営される[[東京理科大学]]に非常勤で勤務し<ref name="omonaKeireki"/>、[[工学部]]の第一部の講師を務めた<ref name="omonaKeireki"/>。さらに、2013年(平成25年)4月から2020年(令和2年)3月にかけて、[[学校法人智香寺学園|智香寺学園]]が設置・運営する[[埼玉工業大学]]に非常勤で勤務し<ref name="omonaKeireki"/>、[[人間社会学部]]の講師を務めていた<ref name="omonaKeireki"/>。
 
博士号を取得して以降も<ref name="cinii"/>、複数の教育・研究機関の職を兼任していた<ref name="omonaKeireki"/>。[[2018年]](平成30年)[[4)4]]から2020年(令和2年)3月にかけては、[[学校法人東洋大学|同名の学校法人]]により設置・運営される[[東洋大学]]に非常勤で勤務し<ref name="omonaKeireki"/>、文学部の講師を務めた<ref name="omonaKeireki"/>。2019年(平成31年)[[4)4]]から2020年(令和2年)3月にかけては、[[放送大学学園]]が設置・運営する[[放送大学]]に非常勤で勤務し<ref name="omonaKeireki"/>、埼玉学習センターの講師を務めた<ref name="omonaKeireki"/>。さらに、2019年(令和元年)[[5)5]]から2020年(令和2年)3月にかけて、[[学校法人共立女子学園|共立女子学園]]が設置・運営する[[共立女子大学]]に非常勤で勤務し<ref name="omonaKeireki"/>、[[文芸学部]]の講師を務めた<ref name="omonaKeireki"/>。
 
2020年(令和2年)[[4)4]]からは静岡県立大学に[[常勤]]で勤務することになり<ref name="omonaKeireki"/>、国際関係学部の[[准教授]]に昇任した<ref name="omonaKeireki"/>。国際関係学部においては、主として[[国際言語文化学科]]の日本研究プログラムの[[講義]]を担当した<ref name="kyoinJohoShosai">「教員情報詳細」『[https://db.u-shizuoka-ken.ac.jp/show/i-kizawakei.html 静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学]』[[静岡県立大学]]。</ref>。また、静岡県立大学の大学院においても、[[国際関係学研究科]]の准教授を兼務することになった<ref name="kyoinJohoShosai"/>。国際関係学研究科においては、主として[[比較文化専攻]]の日本文化分野の講義を担当した。
 
== 研究 ==
専門は[[哲学]]であり、[[倫理学]]や[[日本倫理思想史]]といった分野を研究していた<ref name="senmonBunya"/>。大学院生の頃は源信の『往生要集』について研究していた<ref name="ut"/><ref name="cinii"/>。その後、[[叡山浄土教]]と[[日本文化]]のかかわりについての研究に従事していた<ref name="omonaKeireki"/>。また、[[日本人]]の[[真理]]観と、その習得法にかかわる研究に従事していた<ref name="omonaKeireki"/>。そのほか、[[日本]]の「[[]]」に関する研究に従事していた<ref name="omonaKeireki"/>。[[学術団体]]としては、[[日本倫理学会]]<ref name="shozokuGakkai">「所属学会」『[https://db.u-shizuoka-ken.ac.jp/show/i-kizawakei.html 静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学]』[[静岡県立大学]]。</ref>、日本思想史学会<ref name="shozokuGakkai"/>、比較思想学会<ref name="shozokuGakkai"/>、などに所属していた。
 
== 略歴 ==
* [[1979年]] - 誕生。
* [[2003年]] - [[東京大学]][[東京大学大学院人文社会系研究科・文学部|文学部]]卒業<ref name="gakureki"/>。
* [[2008年]] - 東京大学[[大学院]][[東京大学大学院人文社会系研究科・文学部|人文社会系研究科]]修士課程修了<ref name="gakureki"/>。
* [[2011年]] - [[国士舘大学]][[文学部]][[講師]]<ref name="omonaKeireki"/>。
* [[2012年]] - [[静岡県立大学]][[国際関係学部]]講師<ref name="omonaKeireki"/>。
* 2012年 - [[お茶の水女子大学]][[文教育学部]]講師<ref name="omonaKeireki"/>。
* [[2013年]] - 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学<ref name="gakureki"/>。
* [[2019年]] - [[放送大学]]埼玉学習センター講師<ref name="omonaKeireki"/>。
* 2019年 - [[共立女子大学]][[文芸学部]]講師<ref name="omonaKeireki"/>。
* [[2020年]] - 静岡県立大学国際関係学部[[准教授]]<ref name="omonaKeireki"/>。
* 2020年 - 静岡県立大学大学院[[国際関係学研究科]]准教授。
 
=== 出典 ===
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist|230em}}
 
== 関連人物 ==
{{Japanese-history-stub}}
{{Normdaten}}
{{デフォルトソートDEFAULTSORT:きさわ けい}}
[[Category:日本の哲学者]]
[[Category:日本の倫理学者]]
匿名利用者