「勇者エクスカイザー」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
提供スポンサーの[[タカラ (玩具メーカー)|タカラ]]が手掛けた『[[トランスフォーマーシリーズ]]』の「地球の外からやって来た、宇宙人<ref group="注">本作品では、エネルギー生命体</ref>が地球の乗り物に姿を変える」要素を受け継ぎつつも、描写はそれまでの[[サンライズ (アニメ制作会社)|サンライズ]]制作のロボットアニメで培われたノウハウがふんだんに活かされている。その傾向はリアルロボットの機械的フォルムから、トランスフォーマーより受け継がれ、更に洗練されたシンプルなフォルムのメカニックデザインにも現れている。また後続のシリーズ作品にも引き継がれた重要なファクターの一つと言える「主人公の少年と勇者ロボが対等の友人関係である」雰囲気を、最も色濃く出している<ref group="注">エクスカイザー役の速水奨は、本作品のDVDボックス解説書に寄せたコメントで、コウタを「年の離れた友人」と評している。</ref>。
 
元々は単発の作品であり、次回作についての構想は無かったことが『サンライズ アニメ史』に記載されており、後番組は『[[機動戦士ガンダムF91]]』のテレビ版を予定していが、次回作の制作が決定。勇者シリーズの基礎を築いた。
 
玩具の売り上げは、同年に放送されたテレビアニメ・特撮番組の中でもヒットし、タカラによると「今までで、一番良かった」としている。他方で、同年末には[[スーパーファミコン]]が発売され、タカラもこれを予想して関連商品の生産数量を絞ったが、年末商戦では大量の在庫が発生するなど、売上不振に陥った。この結果を受け、タカラは「ドラマ設定が大切になってくる。カッコいい、迫力がある、デザインが良いだけではもう追い付けない」という、『勇者シリーズ』の行く末を見通したかのような発言を残している<ref>トイ ジャーナル1991年2月号</ref>。もっとも、当時タカラに勤務していた漫画家の[[田中圭一 (漫画家)|田中圭一]]によると、「(関西では)年末に問屋間転送を行って調整をしたため在庫は残らなかった」とも述懐している<ref>[https://twitter.com/keiichisennsei/status/998746684510224386 田中圭一Twitter 2018年5月22日付]。</ref>。