「実効値」の版間の差分

(推敲)
m (lang)
((推敲))
'''実効値'''(じっこうち, effective value, root mean square value, ''RMS'')は、抵抗負荷に供給したときに[[直流]]と同じ平均[[電力]]を発生するときを同じ数値とする、[[交流]][[電圧]]又は[[電流]]の値の表現方法の一種である。ある実効値の交流を抵抗負荷に供給した場合と、同じ数値の[[直流]]を供給した場合とで平均[[電力]]が等しくなるように定義されている。交流電力の計算に使用される電圧・電流は普通は実効値で表されている。
 
[[電気抵抗]]成分を ''R'' ([[オーム|&Omega;]])、加える電圧の瞬時値を ''v(t)'' ([[ボルト (単位)|V]])、最大値を ''V<sub>m</sub>'' (V)、実効値を ''V<sub>e</sub>'' (V)、平均値を ''V<sub>av</sub>'' (V)、流れる電流の瞬時値を ''i(t)'' ([[アンペア|A]])、最大値を ''I<sub>m</sub>'' (A)、実効値を ''I<sub>e</sub>'' (A)、平均値を ''I<sub>av</sub>'' (A)、[[電力#有効電力|有効電力]]の瞬時値を ''P(t)'' ([[ワット|W]])、平均値を ''P<sub>R</sub>'' (W)、[[交流]]の[[角速度]](角振動数または角周波数)を ''&omega;'' ([[ラジアン|rad]]/[[秒|s]])、周期を ''T'' とする。
2,096

回編集