「子思」の版間の差分

サイズ変更なし 、 1 か月前
m
編集の要約なし
m
 
'''子思'''(しし、[[紀元前492年]] - [[紀元前431年]]<ref name=":3">{{Cite web|title=大成殿に祀られているもの|史跡湯島聖堂|公益財団法人斯文会|url=http://www.seido.or.jp/worship.html|website=www.seido.or.jp|accessdate=2020-12-07}}</ref>)は、[[中国]][[春秋時代]]の[[儒者]]。[[魯]]の人。[[孔鯉]](伯魚)の子。[[孔子]]の孫。氏は孔、名は'''伋'''(きゅう)、[[字]]は子思、尊称は子思子。後世の[[儒教]]では[[道統]]の継承者で[[四聖]]の一人「述聖」として崇敬される<ref name=":3" />。
 
== 概要生涯 ==
幼くして父と祖父を失ったため孔子との面識はほとんどないが、[[曾子]]の教えを受け[[儒家]]の道を極めた。その後、各国を遊学したのち、魯の[[穆公 (魯)|穆公]]に仕えた<ref>『[[韓非子]]』難三「魯穆公問於子思曰……」など</ref>。
 
== 著作 ==
『[[礼記]]』中庸篇(つまり[[四書]]の『[[中庸]]』)は古くから子思の作と伝わっていた<ref>『[[史記]]』孔子世家「子思作中庸」など</ref>。また、子思の学派の著作に『子思子』があったとされるが散してしまった<ref name=":0">{{コトバンク}}</ref>。現代の推定では、『礼記』のうち中庸篇を含む四篇(中庸篇、表記篇、坊記篇、緇衣篇)が、『子思子』から転載したものとされる<ref name=":0" />。この推定は、『[[隋書]]』音楽志が伝える[[梁 (南朝)|南朝梁]]の[[沈約]]の説に由来する<ref>{{Wikisourcelang-inline|zh|隋書/卷13}}</ref><ref name=":2">西山尚志「諸子百家はどう展開したか」『地下からの贈り物 新出土資料が語るいにしえの中国』中国出土資料学会、東方書店、2014年、93頁。ISBN 978-4497214119</ref>。
 
『子思子』の[[逸文|輯佚書]]として以下がある。
 
* 藤原正『子思子』岩波書店〈岩波文庫〉、1935年。ISBN 9784003322116。(清末の[[黄以周]]の輯佚書をもとに、上記四篇のほか[[類書]]等所引の文や『[[孔叢子]]』の関連章をまとめ、それらの訓読文を載せる。)
 
== 思孟学派 ==