「ドラゴン桜 (テレビドラマ)」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎登場人物: 表現の変更)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
テレビドラマ版は、原作にあるような受験テクニックよりも、生徒たちが受験を通して成長していく姿を重点に置いている。シナリオも、人間関係を重視した作りになっている。また、ドラマでは全11話で完結させなければならなかったことなどから、原作とは展開が大きく異なる。[[ドラゴン桜#登場人物|原作の登場人物]]である矢島と水野も、当時の原作ではまだ受験をしていなかったため、独自の結末が用意された。
;第2シリーズ
原作の『ドラゴン桜2』は、龍山高校での成功をきっかけに各地の高校から仕事が舞い込む高校再生のスペシャリストとなった桜木が龍山高校の理事となり、進学校となったものの東大合格者が0人となってしまった龍山を復活させるために、龍山での最初の教え子の一人で、弁護士となって桜木法律事務所で働いていた水野直美に偏差値50前後の平凡な高校生2名を受け持たせ東京大学を目指す筋書きだったが、ドラマ版第2シリーズは大幅に設定が異なり、勉強の押し付けを嫌い自由な校風を理想に掲げ桜木と水野が登場す新理事長の方針で放任状態となったことでわずか3年で崩壊寸前なった「龍海学園」(龍山登場人物読みはりゅうざんだが、龍海はたつみと読む)を舞台に、2年に起きた事件きっかけで失踪し、やる気一部同じ点失っていた桜木が水野と共に再び生徒たちに向き合う姿を描いている。生徒前での演説で桜木が発破をかる点は原作ばほぼ別物同じだが、「いいかお前ら、東大にんか絶対に行くな!」「人間気取てるくせに自分の頭で考えようとしないお前らなど、東大のほうからお断りだ!」と突き放している点が原作と異なる<ref>{{Cite web|url=https://dogatch.jp/news/tbs/96337/detail/|title=阿部寛演じる桜木の暴れっぷりに「スッキリ爽快!」紗栄子のサプライズ出演も話題|website=テレビドガッチ|date=2021-04-26|accessdate=2021-04-26}}</ref>
 
勉強の押し付けを嫌い自由な校風を理想に掲げる新理事長の方針で放任状態となったことでわずか3年で崩壊寸前となった「龍海学園」(龍山の読みはりゅうざんだが、龍海はたつみと読む)を舞台に、2年前に起きた事件がきっかけで失踪し、やる気を失っていた桜木が水野と共に再び生徒たちに向き合う姿を描いている。生徒前での演説で桜木が発破をかける点は原作と同じだが、「いいかお前ら、東大になんか絶対に行くな!」「人間気取ってるくせに自分の頭で考えようとしないお前らなど、東大のほうからお断りだ!」と突き放している点が原作と異なる<ref>{{Cite web|url=https://dogatch.jp/news/tbs/96337/detail/|title=阿部寛演じる桜木の暴れっぷりに「スッキリ爽快!」紗栄子のサプライズ出演も話題|website=テレビドガッチ|date=2021-04-26|accessdate=2021-04-26}}</ref>。
 
== あらすじ ==
: 破天荒な弁護士が落ちこぼれ高校の再建を目指す物語。
: 元暴走族の弁護士・桜木(阿部寛)は、経営難の三流私立校・龍山高校に債権者代理として乗り込む。教師・真々子(長谷川京子)らを前に、学校の解散と教師の解雇を通達。だが、弁護士としての名を上げるため、桜木は解散ではなく、東大合格者を輩出する進学校にする再建案をブチ上げる。桜木は東大受験のための特別進学クラスを創設し、生徒たちの東大合格のために奮闘する。
 
=== 第2シリーズ ===
: 龍山高校での成功がきっかけに同様の底辺高校再生の仕事が舞い込むようになった桜木は、虎ノ門に事務所を構える順風満帆の弁護士人生を送っていたが、2年前に依頼された高校で特進クラス8人中7人を東大に合格させたものの、一人だけ落第し不合格だった男子生徒・米山がナイフで桜木を刺した上に自殺未遂を起こしたことにより、マスコミから叩かれる一大スキャンダルとなり、自身も消息不明となっていた。前シリーズでの教え子であり東大卒業後に弁護士となって桜木法律事務所で働いていた水野直美は独立して事務所を設立したものの経営が行き詰っており、かつての龍山に匹敵する落ちこぼれ校「龍海学園」から翌年に東大合格者を5名出す条件で再建を引き受けることで起死回生を図る。福井県で自堕落な生活をして落ちぶれていた桜木を見つけた水野は、桜木を再び教育の場へと連れ出そうとする。
 
== 登場人物 ==
; 藤井遼(ふじい りょう)
: 演 - [[鈴鹿央士]](第2シリーズ)<ref>{{Cite news|url=https://www.sanspo.com/geino/news/20210314/geo21031405000006-n1.html|title=「ドラゴン桜」15年後の続編に鈴鹿央士!「日曜劇場」初出演、成績トップも…性格悪い生徒役|newspaper=サンケイスポーツ|date= 2021-03-14|accessdate= 2021-03-14}}</ref>
: 学年トップの成績を持つ生徒。東大志望ではあるが、高校入試時のトラブルでやむなく龍海に入学したための生徒を見下す節があり、東大専科への参加を持ちかけら勧誘された際もバカが移りそうだと言い、参加を拒否する。
; 小杉麻里(こすぎ まり)
: 演 - [[志田彩良]](第2シリーズ)<ref>{{Cite news|title= 「ドラゴン桜」東大専科3人目は次世代女優・志田彩良|url= https://hochi.news/articles/20210313-OHT1T50058.html|newspaper= スポーツ報知|date= 2021-03-13|accessdate= 2021-03-13|publisher= 報知新聞社}}</ref>
: 文系トップ。
: 秘密を抱え、仲間や教師と距離がある。東大専科に勧誘されるが就職希望として参加を拒否する。
; 原健太(はら けんた)
: 演 - [[細田佳央太]](第2シリーズ)<ref>{{Cite news|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/12/kiji/20210311s00041000494000c.html|title=「ドラゴン桜」“東大専科”生徒役2人目は細田佳央太「目標」の日曜劇場初出演 体重増&短髪の役作りも|newspaper=Sponichi Annex|publisher=[[スポーツニッポン|スポーツニッポン新聞社]]|date=2021-03-12|accessdate=2021-03-12}}</ref>
; 高原浩之(たかはら ひろゆき)
: 演 - [[及川光博]](第2シリーズ)<ref name="natalie20210305">{{Cite news|url=https://natalie.mu/comic/news/418791|title=「ドラゴン桜」及川光博が学園再建を願う教頭に、早霧せいなと江口のりこも出演|newspaper=[[ナタリー (ニュースサイト)|コミックナタリー]]|publisher=ナターシャ|date=2021-03-05|accessdate= 2021-03-05}}</ref>
: 教頭。かつて龍山高校で勤務して桜木による再建を目の当たりにしており、学力低下・経営危機に陥った学園を建て直すために理事長の意向を無視して桜木たちを召集する。ドラマ版では第2シリーズで初登場となるが原作では『ドラゴン桜』で既に登場しており、ドラマでも水野と顔見知り
: (原作では「ドラゴン桜2」より前から登場しているが、ドラマでは続編からの登場)
; 龍野久美子(たつの くみこ)
: 演 - [[江口のりこ]](第2シリーズ)<ref name="natalie20210305"/><ref group="注">江口は前作にも暴走族の役で出演経験あり。</ref>
: 現理事長。学力低下・経営危機の要因。自分のやり方が絶対で、経営再建を試みる桜木達の前に立ちはだかる。東大卒だが、前理事長である父に無理矢理進路を決められた反動で東大を否定し「自由な校風」を理想としており、方針の異なる父との間に確執がある。
; 龍野恭二郎(たつの きょうじろう)
: 演 - [[木場勝己]](第2シリーズ){{R|oricon20210326}}
: かなりの[[イケメン]]だが[[高卒]]の[[フリーター]]。趣味は[[パチンコ]]。
: しかし、「[[釘]]」が読めない、「スッゲー」しか感想が言えないなど、教養、語彙力、会話力に乏しい。
: 最終回で山本に振られたことから無教養を反省して、田中に「『スッゲー』以外を言えるようにしてください」と勉強を教えてくれるように頼んだ。
; 斉藤(さいとう)
: 演 - [[石井愃一]]
; 米山圭太(よねやま けいた)
: 演 - [[佐野勇斗]]<ref>{{Cite web|url=https://www.oricon.co.jp/news/2186489/full/|title=佐野勇斗、『ドラゴン桜』出演決定 主人公・桜木の“元教え子”役「役者を目指すきっかけの作品」|website=ORICON NEWS|date=2021-03-07|accessdate=2021-03-07}}</ref>
: 桜木の元教え子。東大に不合格となったために[[自殺]]未遂をし、桜木が落ちぶれる元凶となった。現在は坂本が経営する企業に務めている。未だに桜木に恨みを抱いている模様
; 岸本香(きしもと かおり)
: 演 - [[早霧せいな]]<ref name="natalie20210305"/>
: 桜木法律事務所所属の弁護士。
: 事務所のNo.2で、桜木の信頼を置く人物。桜木に起きた事件が失踪、新しく個人事務所を開設するし、桜木法律事務所の顧客を引き継いだ
; 坂本智之(さかもと ともゆき)
: 演 - [[林遣都]]<ref>{{Cite news|url=https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202104250001339_m.html|title=林遣都が「ドラゴン桜」出演 長澤まさみ演じる水野直美の高校の後輩|newspaper=[[日刊スポーツ]]|publisher=日刊スポーツ新聞社|date=2021-04-25|accessdate=2021-04-26}}</ref><ref group="注" name="surprise"/>
: IT企業の経営者。龍山高校では水野の一年後輩で、東大時代の同級生。彼女から桜木に関する調査を依頼され、独自福井県調べことを突き止めた
 
== スタッフ ==