「シン・仮面ライダー」の版間の差分

一部記述を修正。
(→‎top: 曖昧さ回避削除に伴い修正。)
(一部記述を修正。)
『'''シン・仮面ライダー'''』(シン・かめんライダー)は、[[2023年]]公開予定の日本の映画作品{{R|khara20210403}}。監督・脚本は[[庵野秀明]]。'''生誕50周年企画作品'''{{R|公式}}。
 
== 製作概要 ==
本作作は、作発表から遡ること6年前に東映のプロデューサーがアニメーション映画『[[ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q]]』に際して、同作品の総監督を務める庵野と密な関係を構築したことにより、彼から企画メモを渡されたことから始まる{{R|cinematoday20210403}}。公開時期は当初、仮面ライダー生誕50周年に当たる2021年を目指して準備を進めていたが、[[コロナ禍]]による影響で上映作品の玉突き現象が発生し、余裕を持って2023年公開にすることに決められた{{R|cinematoday20210403}}。
 
作発表は「仮面ライダー生誕50周年企画発表会見」と題され、かつて『[[仮面ライダー]]』第1話が放送された日時である4月3日19:30分からより、[[丸の内TOEI]]にて行われた{{R|cinematoday20210403|natalie423100}}。この日は生誕50周年企画の発表として、『[[仮面ライダーW]]』の後日談を描く漫画『[[風都探偵]]』のアニメ化、『[[仮面ライダーBLACK]]』を『[[仮面ライダーBLACK SUN]]』として[[リブート (作品展開)|リブート]]作品とな企画『[[仮面ライダーBLACK SUN]]』合わ、最後の目玉として本作品の制作が発表された{{R|mynavi1861316|natalie423117}}。また、会見中には庵野が構成を担当した『仮面ライダー』のメモリアル映像が公開されたほか、彼の企画による『仮面ライダー』の出版企画の検討を開始していることも発表された{{R|avwatch20210403|natalie423117}}。
 
なお、製この制作発表当時東映の取締役かつテレビ第二営業部長だった[[白倉伸一郎]]は、作発表の会見にて「全人類に向かって放つ作品になる。まだ確定はしていないが、全世界同時公開を目指している」と述べている{{R|avwatch20210403|cinematoday20210403}}。
 
== 経緯 ==
; 2021年
:* 4月3日、「仮面ライダー生誕50周年企画発表会見」にて、本品の制作を発表。同時に[[前田真宏 (アニメ監督)|前田真宏]]が描いたイメージ画も解禁された{{R|natalie423117}}。また、公開された特報は4月4日から全国の映画館で上映される{{R|eiga.com2021040315}}。
 
== 脚注 ==