「ドラゴン桜 (テレビドラマ)」の版間の差分

:: 母親が病に倒れ、意識が戻らなかったため、東大試験を2次試験途中で断念するが、その後も受験勉強を続ける。
:; 第2シリーズ<ref>{{Cite news|url=https://mdpr.jp/news/detail/2455627|title=長澤まさみ、阿部寛の元教え子役で16年ぶり「ドラゴン桜」出演決定 TBSドラマは12年ぶり|newspaper=[[モデルプレス]]|publisher=ネットネイティブ|date=2021-02-26|accessdate=2021-02-26}}</ref>
:: 東大受験から翌年、一浪の末に東大に合格。その後弁護士資格を取得し、桜木法律事務所に入所する。その後、桜木の失踪後起きた桜木法律務所実質的、自分を変えてくれ乗っ取っ恩師である彼岸本の誘い放っておけず、同事務所をやめ、断り個人事務所を設立。そんな時、桜木の成果を聞きつけた龍海学園の教頭となった龍高校の元教師・高原から学校再生の話を持ちかけられ、失踪していた桜木を呼び戻し、依頼を受ける代わりに彼が滞納していた家賃を立て替えるなど世話を焼く。同校への赴任早々、新設された東大専科への参加希望と見せかけた小橋と岩井に妨害を受ける<ref group="注">評価されないのは自分達の見た目の問題だとして、水野に髪を刈るようにお願いし、その気持ちに応え2人の断髪を行ったが、実際はパワハラに仕立て上げるためのもので、動画も撮影されており、配信サイトに勝手に投稿されていた。また、謝罪も強要され、それも投稿された。</ref>など、窮地に陥る。
 
=== 龍山高等学校 ===