「テルプシコラー」の版間の差分

m
編集の要約なし
(『神統記』はイオニア方言を使用しており、テルプシコレーの名で登場する。)
m
9柱のムーサたちのうち、「合唱」「舞踊」を司る。表される際の持ち物は、[[ハープ|竪琴]]だが、この様にムーサたちが細分化されたのは[[ローマ時代]]のかなり後期になってからである。
 
河神[[アケローオス]]との間に[[セイレーン]]たちをもうけたとする説があるが<ref>[[ロドスのアポローニオス]]『[[アルゴナウティカ]]』4巻892行-896行。</ref>、通常はメルポメネーとされる<ref>アポロドーロス、1巻3・4。</ref>。また[[{{仮リンク|リノス]]|en|Linus of Thrace}}や<ref>高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.170b。</ref>[[レーソス]]の母とされることもある<ref>ビューザンティオンのアリストパネース(ワルター・F・オットー、p.114。)</ref>。
 
== 脚注 ==
 
{{ムーサ}}
{{ギリシア神話}}
 
{{Normdaten}}
 
{{DEFAULTSORT:てるふしこら}}
[[Category:ムーサ]]
[[Category:ギリシア神話の神]]