「津野修」の版間の差分

m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (www.kantei.go.jp) (Botによる編集))
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 来歴 ==
=== 生い立ち ===
[[1938年]][[10月]]に生まれ<ref>「内閣法制局長官」『[https://www.kantei.go.jp/jp/daijinmeibo/0101daijin/22tuno.html 内閣法制局長官]』[[内閣官房|内閣官房内閣広報室]]。</ref>、[[1957年]]に[[愛媛県立松山東高等学校]]を卒業するまで[[愛媛県]]で過ごした<ref name="profile"/><ref>[https://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/201810/matsuyamaaikyoukai.files/kaityoukouho.pdf 松山愛郷会新会長候補略歴 津野修 pdf] 松山愛郷会</ref>。[[京都大学]]に進学し<ref name="profile"/>、[[京都大学大学院法学研究科・法学部|法学部]]で主として[[私法]]を学んだ<ref name="profile"/>。なお、在学中に[[公務員試験|国家公務員採用上級試験]]と[[司法試験]]の双方に合格している<ref name="profile"/><ref name="keireki"/>。[[1962年]][[3月]]、京都大学を卒業した<ref name="keireki"/>。同年[[4月]]、[[大蔵省]]に入省した([[財務省大臣官房#文書課|大臣官房文書課]]<ref name="日本の官庁,その人と組織:大藏省,経済企画庁(P503)">『日本の官庁,その人と組織:大藏省,経済企画庁』政策時報社、1991発行、503頁</ref>)<ref name="keireki"/>。
 
=== 大蔵官僚として ===
匿名利用者