「稲荷山古墳 (行田市)」の版間の差分

(画像追加と更新、ほか。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
== 鉄剣 ==
[[1968年]]の発掘調査において[[稲荷山古墳出土鉄剣|金錯銘鉄剣]](稲荷山鉄剣)が後円部分から発掘され。[[1978年]]、この鉄剣に115文字の金象嵌の銘文が表されていることが判明した。1983年、他の出土品とともに「武蔵埼玉稲荷山古墳出土品」として[[国宝]]に指定され。鉄剣や銘文の詳細は、「[[鉄剣・鉄刀銘文]]」項や「[[稲荷山古墳出土鉄剣|金錯銘鉄剣]]」項参照。
 
== 副葬品 ==