「恵那櫻徹」の版間の差分

 
 
== 来歴・人物 ==
岐阜県立[[岐阜県立恵那北高等学校|恵那北高校]](※2007年3月限りで廃校となり、[[岐阜県立中津高等学]]へ統合)を中退後、押尾川部屋に入門。もともとは[[料理人]]志望で、中学卒業後は料理の[[専門学校]]に通うつもりでいた。入門の動機は、[[押尾川]]親方(元[[大関]]・[[大麒麟將能|大麒麟]])から勧誘を受けた時に「力士になれば、[[ちゃんこ鍋|ちゃんこ料理]]を作れるよ」と言われた事だという。なお、父親は[[タクシー]]運転手であった。
 
[[1977年]]3月場所にて、16歳で[[初土俵]]を踏んだ。当初の[[四股名]]は、本名でもある「早川」。同部屋の同期生には[[騏ノ嵐和敏|騏乃嵐]]、[[佐賀昇博|佐賀昇]]がおり、3人とも[[幕内]]まで出世した(ただし、3人が同時に幕内に在位した事はない)。
その後、暫くは十両にいたが、[[1987年]]11月場所で新[[入幕]]を果たした。入幕時の年齢は、27歳であった。
 
[[1988年]]3月場所では上位で4勝11敗と大きく[[負け越し]]たが、[[朝潮太郎 (4代)|朝潮]]・[[北天佑勝彦|北天佑]]・[[小錦八十吉 (6代)|小錦]]と3[[大関]]を破っている。[[1989年]]5月場所では10勝5敗と二桁勝利を挙げ、[[敢闘賞]]を受賞した。[[1990年]]11月場所では、最高位となる西前頭筆頭まで番付を上げた。
 
[[横綱]]には勝てなかったものの、大関・小錦には2戦2勝と一度も負けなかった。
 
真面目な性格で[[稽古]]熱心。回転のいい[[突っ張り]]に威力があったが、現役晩年に肘を痛めた事もあり、[[三役]]にはあと一歩届かなかった。しかし晩年は[[骨折]]を押してまで本場所に出場し、十両優勝を成し遂げた事もあった。
 
因みに四股名の由来は、故郷の岐阜県恵那郡と、憧れの力士であった[[関脇]][[富士櫻栄守|富士櫻]]である。
匿名利用者