「福島県」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 iOSアプリ編集
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 iOSアプリ編集
**[[阿賀野川|阿賀川]]源流域の一つである[[磐梯高原]]、[[猪苗代湖]]の豊富な水とその落差を利用し、[[安積疏水]]、[[日橋川]]では[[水力発電]]が[[明治|明治時代]]より行われ、この地域は日本の近代化に貢献してきた。
***猪苗代湖と安積疏水の落差を利用した沼上発電所は、日本で初めての高圧送電を利用した長距離送電が郡山市内まで行われ紡績・繊維産業の発展に貢献した。
***日橋川の総発電量は16万[[kW時]]に及び、その豊富な[[電力]]を利用したアルミ製品、金属工業などの近代工業の工場が古くから稼動している。
**[[1930年代]]に入り、[[只見川]]・[[阿賀野川|阿賀川]]は上流域から下流域までくまなくその[[水資源]]を有効活用した[[水力発電所]]が各所に設けられ日本を代表する[[電源地帯]]となった。
***[[カルデラ湖]]である[[沼沢湖]]と宮下ダム湖(只見川)の落差約 220m を利用した[[揚水式発電]]所は50年以上の歴史を持つ。
236

回編集