「シリアルATA」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター 新規利用者のタスク
m (→‎他の接続規格との比較: 内部リンク修正)
!チャンネル毎の最大デバイス数
|-
|'''SATA [[#Serial ATA Revision 3Serial_ATA_Revision_3.00_(6_Gbit/s,_600_MB/s,_Serial_ATA-600)|3.0]]'''
|6,000
|600<ref name="en.wikipedia.org"/>
|rowspan="2"|1{{Efn|name=Port_Multiplier|[[ポートマルチプライヤ]]を使用した場合は1チャンネル(ポート)に15台の機器を接続することができる(ただし2006年11月現在で6台以上をサポートした製品は存在していない)。}}
|-
|'''SATA [[#Serial ATA Revision 2Serial_ATA_Revision_2.00_(3_Gbit/s,_300_MB/s,_Serial_ATA-300)|2.0]]'''
|3,000
|300<ref name="en.wikipedia.org"/>
|-
|'''SATA [[#Serial ATA Revision Serial_ATA_Revision_1.0_(1.05_Gbit/s,_150_MB/s,_Serial_ATA-150)|1.0]]'''
|1,500
|150<ref name="en.wikipedia.org"/>