「飯塚西湖」の版間の差分

編集の要約なし
 
{{Infobox 学者
'''飯塚 西湖'''(いいづか せいこ、[[弘化]]2年([[1845年]]) - [[昭和]]4年([[1929年]])[[12月6日]])は、[[松江藩]]出身の明治期の[[漢詩人]]、[[法律学士]]。元の名は、飯塚'''静庵'''(せいあん)でのちに飯塚'''納'''(おさむ)と名を改める。西湖は[[号]]で、[[字]]は脩平。
| name = 飯塚 西湖
 
| image =
[[カール・マルクス]]に唯一、直接会ったことがある日本人とされている。
| image_size =
| caption =
| birth_date = {{birth date|1845||}}
| birth_place = {{JPN}}[[島根県]]
| death_date = {{death date and age|1929|12|6|1845|1|1}}
| death_place =
| othername = 飯塚納
|main_interests = [[漢学]]・[[法学]]
|alma_mater = [[慶應義塾]]
|workplaces = <!--研究機関-->
|degree = <!--学位-->
| URL =
| yearsactive =
| spouse =
| children =
}}
'''飯塚 西湖'''(いいづか せいこ、[[弘化]]2年([[1845年]]) - [[昭和]]4年([[1929年]])[[12月6日]])は、[[松江藩]]出身の明治期の[[漢詩人]]、[[法律学士]]。元の名は、飯塚'''静庵'''(せいあん)でのちに飯塚''''''(おさむ)と名を改める。西湖は[[号]]で、[[字]]は脩平。
 
== 経歴 ==
1845年、[[出雲国]][[松江市|松江]]生まれ。[[松江藩]]主の[[松平定安]]に命ぜられ、[[文久]]3年([[1863年]])の冬に[[江戸]]に出て、[[鉄砲洲]][[慶應義塾]]に入塾し[[福澤諭吉]]から直接に学ぶ。慶應義塾就学時代の聡明さが[[勝海舟]]の目に止まり、海舟の推挙で維新政府の[[徴士]]となり、明治3年(1870年)に[[フランス]]留学を命ぜられ、明治13年(1880年)に帰朝している。
[[出雲国]][[松江市|松江]]生まれ。
 
欧州留学中に、フランスで{{仮リンク|エミール・アコラス|fr|Émile Acollas}}博士に師事して[[法制学]]を学ぶ。特に[[西園寺公望]]と深い親交があり、西園寺の後ろ盾を得てカール・マルクスに学ぶ機会を日本人として初めて与えられ、西園寺にマルクスを紹介した。明治6年(1873年)、留学中、普仏戦争で包囲されたパリを逃れて[[スイス]]に行き、そこで尊敬する[[西郷隆盛]]の辞職を聞いて故国に望みを経ち、スイス他欧州各国歴遊の旅に上り、[[レマン湖|ジュネーヴ湖畔]]の景観が郷里・松江を思わせるところからついに'''西湖'''(せいこ)と号を改めた。明治8年(1875)、[[ジュネーブ]]に留学中の[[ニューヨーク]]出身の[[アメリカ人]]Paulin Richterと結婚(のちに離婚)<ref>『国際結婚第一号』小山騰、講談社 (1995/12), p142-143「スキャンダル三羽烏」</ref>
松江藩主の[[松平定安]]に命ぜられ、[[文久]]3年([[1863年]])の冬に江戸に出て、鉄砲洲[[慶應義塾]]に入塾し[[福澤諭吉]]から直接に学ぶ。慶應義塾就学時代の聡明さが[[勝海舟]]の目に止まり、海舟の推挙で維新政府の[[徴士]]となり、明治3年(1870年)に[[フランス]]留学を命ぜられ、明治13年(1880年)に帰朝している。
 
欧州留学中に、フランスで{{仮リンク|エミール・アコラス|fr|Émile Acollas}}博士に師事して[[法制学]]を学ぶ。特に[[西園寺公望]]と深い親交があり、西園寺の後ろ盾を得てカール・マルクスに学ぶ機会を日本人として初めて与えられ、西園寺にマルクスを紹介した。明治6年(1873年)、留学中、普仏戦争で包囲されたパリを逃れて[[スイス]]に行き、そこで尊敬する[[西郷隆盛]]の辞職を聞いて故国に望みを経ち、スイス他欧州各国歴遊の旅に上り、[[レマン湖|ジュネーヴ湖畔]]の景観が郷里・松江を思わせるところからついに'''西湖'''(せいこ)と号を改めた。明治8年(1875)、[[ジュネーブ]]に留学中の[[ニューヨーク]]出身の[[アメリカ人]]Paulin Richterと結婚(のちに離婚)<ref>『国際結婚第一号』小山騰、講談社 (1995/12), p142-143「スキャンダル三羽烏」</ref>。
 
帰国後に[[漢詩]]・[[漢文]]の腕を研き、明治14年(1881年)『[[東洋自由新聞]]』の発刊に参加して一時期[[民権運動]]に関係したが、次第に[[国家主義]]運動に傾倒するようになり、[[本田種竹]]、[[釈情潭]]らと関係を持つ。
 
[[麻布]]飯倉片町に[[紀州徳川家]]の文庫「[[南葵文庫]]の会」が発足すると、[[権藤成卿]]、[[小沢打魚]]、[[川崎紫山]]、[[内田良平 (政治運動家)|内田良平]]([[黒龍会]]主宰)、[[大江卓]]、[[樽井藤吉]]、[[山口弾正]]、[[大井憲太郎]]、[[小島文六]]、[[三浦伴八]]、[[兼松義整]]、[[綱島正興]]等と共に会員として発起人となり、毎月1回「南葵文庫」を主催し、及び会員の自宅で講演を行った。この南葵文庫を中心としたサークルは次第に[[右翼]]的な性格を持つ『[[老荘会]]』に関わるようになり、『老荘会』は更に発展して、[[大川周明]]・[[北一輝]]らの『[[猶存会]]』となった。
 
==家族・親族==
1875年、[[ジュネーブ]]に留学中の[[ニューヨーク]]出身の[[アメリカ人]]Paulin Richterと結婚(のちに離婚)<ref>『国際結婚第一号』小山騰、講談社 (1995/12), p142-143「スキャンダル三羽烏」</ref>。
 
==エピソード==
[[カール・マルクス]]に唯一、直接会ったことがある日本人とされている。
 
== 著書 ==
匿名利用者