「プリンス・ジョンソン」の版間の差分

m
誤字修正
(Check Wikipedia : Unicodeの制御文字)
m (誤字修正)
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[1952年]]に、リベリアの[[ニンバ郡]]で[[ギオ族]]の両親との間に生まれる。[[1971年]]に陸軍に入隊し、[[1974年]]には中尉に昇格。[[アメリカ合衆国|アメリカ]]での訓練を経て、リベリア憲兵隊長まで昇格するが自動車事故の負傷により[[1977年]]に除隊した。陸軍在住時はサミュエル・ドウ軍曹の上官だった。
 
[[1980年]]に[[アメリコ・ライベリアン]]の政権を終わらせるため、[[クラン族]]出身のドウ軍曹を中心に先住民族出長の軍人らが軍事クーデター起こし政権を握る。しかし[[1985年]]にドウ政権がクラン族優先の政策をしていた為、それに不満を持つギオ族の軍人[[トーマス・クィウォンパ]]らと共にクーデターを起こすが失敗し[[コートジボワール]]へ亡命している。
 
[[1987年]]に[[チャールズ・テーラー]]によるドウ政権打倒を狙ったリベリア国民愛国戦線 (NPFL) に参加し、[[リビア]]で[[ゲリラ]]訓練を受けた。[[1989年]]にNPFLの軍事司令官としてテーラーと共にリベリアに侵入してリベリア内戦を起こした。しかし、テーラーと政治的な理念などの違いなどで対立し、[[1990年]]2月にテーラーが反逆罪でジョンソンを処刑しようとした為、同胞のギオ族の兵士らと共にNPFLを離脱し、[[リベリア独立国民愛国戦線]](INPFL)を結成した。