「昭和幻燈館」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{博物館|名称=昭和幻橙館|事業主体=|アクセス=JR[[青梅線]][[青梅駅]]から徒歩6分|位置={{ウィキ座標2段度分秒|35|47|19.7|N|139|15|41.0|E|region:JP}}|所在地=[[東京都]][[青梅市]]住江町9|所在地郵便番号=|閉館=|開館=[[2005年]][[4月29日]]|延床面積=|建物設計=|年運営費=|管理運営=|研究職員=|imagesize=|学芸員=|館長=横川秀利|来館者数=|収蔵作品数=|専門分野=昭和の商品|前身=|愛称=|正式名称=|画像説明=昭和幻橙館|画像=[[ファイル:昭和幻燈館.jpg|300px]]|URL=}}
'''昭和レトロ幻燈館'''(しょうわげんとうかん)は、[[東京都]][[青梅市]]にある[[博物館]]である。
 
== 概要 ==
[[2005年]]([[2005年|平成17年]])[[4月29日]]に開館<ref>{{Cite journal|author=丹青研究所|year=2006年|title=Museum Data|journal=Museum Data|volume=No.70|page=p.14}}</ref>。[[昭和]]と[[レトロ]]をテーマとした,[[昭和レトロ商品博物館]],[[青梅赤塚不二夫会館]]([[2020年]][[3月]]に閉館)に次いで,3館目の展示施設である。館長は横川秀利。昭和の看板だけではなく,猫をテーマとしたグッズが展示されている。墨絵作家の有田ひろみの[[ガラス絵]]や、ぬいぐるみ作家の有田ちゃぼのぬいぐるみ作品が展示されている。また,[[ジオラマ]]作家の[[山本高樹]]による昭和30年ころの青梅の街並みを再現したジオラマが展示されている。
 
展示スペースの他にお土産コーナーが併設されている。
412

回編集