「ラダック」の版間の差分

(修正前)ラダックは一年を通して日中の寒暖差が大きく、夜には20℃を下回ることもある。→(修正後)-20℃を下回ることもある。
(年間降水量追加。人口を最新のものに更新。)
((修正前)ラダックは一年を通して日中の寒暖差が大きく、夜には20℃を下回ることもある。→(修正後)-20℃を下回ることもある。)
== 気候 ==
[[ファイル:Ladakhtemp2.svg|サムネイル|200x200ピクセル|レーの月平均気温]]
ラダックは冬の数カ月間、平均気温は-10℃を下回り、大雪が降るため地域の交通が遮断される。この時、山に積雪した雪がラダック一帯の水源となっている。夏は短いが、平均気温が10℃を超え作物を育てることができる。ラダックは一年を通して日中の寒暖差が大きく、夜には-20℃を下回ることもある。また紫外線が強いため、旅行者にとっては対策が必要である。
 
ラダックは標高が高く、南部からのモンスーン雲の影響を受けないため、非常に乾燥している。そのため一部の標高の高い地域では砂漠が見られる。年間降水量は50〜70mmで、7月と8月以外はほとんど雨が降らない<ref>{{Cite journal|author=Shafiq MU, Bhat MS, Rasool R, Ahmed P*, Singh H and Hassan H|year=2016|date=2016|title=Variability of Precipitation regime in Ladakh region of India from 1901-2000|journal=Journal of Climatology & Weather Forecasting Shafiq|volume=|page=}}</ref>。ラダックにおいても地球温暖化の影響が見られ、雪が減少傾向にある。乾いた農地に水を供給するため積雪時に氷の仏塔を作り、農業用の水源を確保するという活動が行われている<ref>{{Cite web|title=インド 気候変動と闘う「氷の仏塔」|url=https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/062200370/|website=natgeo.nikkeibp.co.jp|accessdate=2020-08-03|language=ja}}</ref>。
匿名利用者