「大下英治」の版間の差分

一部記述を整理・修正。
(一部記述を整理・修正。)
 
'''大下 英治'''(おおした えいじ、本名:ひではる<ref>[https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E4%B8%8B%E8%8B%B1%E6%B2%BB-1060254 大下英治(おおした えいじ)とは - コトバンク]</ref>、[[1944年]][[6月7日]] - )は、[[ルポルタージュ|ルポライター]]、[[作家]]。[[広島県]][[安芸郡 (広島県)|安芸郡]][[府中町]]生まれ。[[広島大学]][[文学部]][[仏文科]]卒業
 
== ・人物 ==
*父親を[[広島市への原子爆弾投下|原爆]]で失い、自身も[[被爆者健康手帳]]を所持。中学卒業後、一旦は三菱造船所の養成工となり就職するが退職し、高卒資格を得るため[[広島県瀬戸内高等学校]]に通いながら予備校にも通い、[[広島学。大学]][[文学部]][[仏文科]]卒業後は[[電波新聞社]]に就職するが、後に退職し<ref name="dempa2020">{{Cite news|和書|newspaper=電波新聞|title=リスクテイカーであれ|date=2020-9-30|page=15|author=大下英治|publisher=[[電波新聞社]]}}</ref>[[1968年]]大宅マスコミ塾第7期生となる。同じく広島育ちの作家・[[梶山季之]]のスタッフライターであった時期もあり、その時の先輩には[[恩田貢]]や[[岩川隆]]などがいる。
{{雑多な内容の箇条書き|date=2020-05|section=1}}
 
*父親は[[広島市への原子爆弾投下|原爆]]で亡くなり、自身も[[被爆者健康手帳]]を持つ。
*[[1970年]]に[[週刊文春の雑誌]]特派記者時代となって<ref name="dempa2020" />以降、[[1982年]]まで13年間在籍。在籍中の1981年に『小説[[電通]]』([[三一書房]])により作家デビューする。次いで月刊『文藝春秋』に執筆した「三越の女帝・竹久みちの野望と金脈」が大反響を呼び、[[三越]]の[[岡田茂 (三越)|岡田茂]]が社長退陣に追い込まれる[[三越事件]]のきっかけともなった。
*中学卒業後、一旦は三菱造船所の養成工となり就職するが退職し、高卒資格を得るため[[広島県瀬戸内高等学校]]に通いながら予備校にも通い、[[広島大学]][[文学部]][[仏文科]]卒業。[[電波新聞社]]に就職するが、退職し<ref name="dempa2020">{{Cite news|和書|newspaper=電波新聞|title=リスクテイカーであれ|date=2020-9-30|page=15|author=大下英治|publisher=[[電波新聞社]]}}</ref>[[1968年]]大宅マスコミ塾第7期生となる。
 
*同じ広島育ちの作家[[梶山季之]]のスタッフライターをした。その時の先輩に、[[恩田貢]]や作家になった[[岩川隆]]がいる。
[[1983年]]、週刊文春から独立し作家に転身。これ以降、政治経済、芸能など各界の著名人の他、政治家の人物伝執筆を多く手がける傍ら、政治関連のテレビ番組などにも並行して多数出演。また、[[美空ひばり]]の評伝を本人が亡くなる直前に「[[週刊新潮]]」に連載、[[新潮社]]で刊行したこともあり(2001年に[[廣済堂]]文庫で再刊)、ひばりの逝去後には追悼特集を組んだテレビ番組にも多数出演した。2009年に回顧録『トップ屋魂 週刊誌スクープはこうして生まれる!』([[ベストセラーズ]])を出版、仲間だった[[花田紀凱]]が推薦の文をよせた。
*[[1970年]]に[[週刊文春]]特派記者となり<ref name="dempa2020" />、以降、[[1982年]]まで13年間在籍。
 
*文春の雑誌記者時代に『小説[[電通]]』([[三一書房]])により作家デビューする。次いで月刊『文藝春秋』に執筆した「三越の女帝・竹久みちの野望と金脈」が大反響を呼び、[[三越]]の[[岡田茂 (三越)|岡田茂]]が社長退陣に追い込まれる[[三越事件]]のきっかけともなった。
*同じ2009年に『日本再生の切り札 [[与謝野馨]]著している、同書を本人の選挙区事務所(自民党当時)に売り込み、3000冊(合計450万円)を政治資金で買い取らせたと後に報じられた。支持者は1冊も購入しておらず([[公職選挙法]]抵触の虞あり)、2011年現在でも事務所に積み上げられたままだという。これに対し大下は与謝野の秘書から「本にするなら買いましょう」という話があり、自分の側から売り込んだものではないと説明している<ref>[http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011021502000054.html 与謝野氏が代表時、自民支部 政治資金で伝記3000冊] 東京新聞2011年2月15日 {{webarchive|url=https://web.archive.org/web/20110217083101/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011021502000054.html |date=2011年2月17日 }}</ref>。
*[[1983年]]週刊文春から独立し作家に転身。
 
*[[美空ひばり]]の評伝を本人が亡くなる直前に「[[週刊新潮]]」に連載し[[新潮社]]で刊行したこともあり、多くのひばり追悼特集番組にテレビ出演した。2001年に[[廣済堂]]文庫で再刊。
*前出の梶山と同様に、大下ものスタッフを抱えており、自身の他、だけでなく彼らの取材をもとに情報を仕入れている。大下のもとでスタッフとして活動していたうちの一人に、ノンフィクション作家の[[高山文彦 (作家)|高山文彦]]がいる。
*政治経済、芸能など各界の著名人の他、政治家の人物伝執筆が多く、政治家の依頼によってその人物の人物伝を執筆することも多い。
*2009年に回顧録『トップ屋魂 週刊誌スクープはこうして生まれる!』([[ベストセラーズ]])を出した。仲間だった[[花田紀凱]]が推薦の文をよせた。
*近年はよく、政治関連のテレビ番組にVTRで出演することが多い。
*出身地選出の[[中川秀直]]元[[衆議院議員]]とも親しく、「しゅうちょく」さんと呼んでいる。
*2009年に『日本再生の切り札 与謝野馨』を著したが本人の選挙区事務所(自民党当時)に売り込み、3000冊(合計450万円)を政治資金で買い取らせた。支持者は1冊も購入しておらず([[公職選挙法]]抵触の虞あり)、今も事務所に積み上げられたままだという<ref>[http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011021502000054.html 与謝野氏が代表時、自民支部 政治資金で伝記3000冊] 東京新聞2011年2月15日 {{webarchive|url=https://web.archive.org/web/20110217083101/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011021502000054.html |date=2011年2月17日 }}</ref>。
 
== 著書 ==