「増田盛次」の版間の差分

編集の要約なし
m
1600年の[[関ヶ原の戦い]]で父長盛が西軍に付き、増田家は[[改易]]、長盛は流罪に処されたが、盛次は[[徳川家康]]の子である尾張の[[徳川義直]]に仕える。1614年の[[大坂冬の陣]]では徳川方として戦功をあげた。
 
しかし突然徳川家を出奔して、[[大坂城]]に入城する。旧知の士の誘いを受けでもしたのであろうか。このことにより父長盛は家康より死を賜ることになる
 
1615年5月6日[[長宗我部盛親]]隊に属し八尾に進軍。徳川方の[[藤堂高虎]]隊と交戦する。始めは優勢であったが、その後形勢は逆転。長宗我部隊は撤退を余儀なくされる。盛次が[[殿 (軍事用語)|しんがり]]を務めたが、藤堂隊の追撃は激しく、藤堂家臣の[[磯野行尚]]に討ち取られてしまった。
匿名利用者