「洪川韓国兵士脳腫瘍死亡事件」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''洪川 韓国軍隊医療誤診兵士 脳腫瘍死亡事件'''(ホンチョン かんこくぐんたいりょし のゅようしぼうじけん)とは、[[2013年]][[6月17日]]に[[大韓民国]][[江原道 (南)|江原道]][[洪川郡]]にて、兵役中のシン・ソンミン(신성민 22)が激しい頭痛を訴えていたのにも関わらず、軍が適切な治療を行わず、脳腫瘍の発見が遅れ、症状が悪化して死亡した事件。同年代に発生した[[漣川後任兵暴行致死事件|ユン・スンジュ一等兵いじめ殺人事件]]や[[江原道高城郡兵長銃乱射事件]]と共に、[[2010年代]]前半の兵役中の兵士による事件によって、兵役や軍隊の在り方が再考されていくことになった。
 
== 経緯 ==
匿名利用者