「日本の発明・発見の一覧」の版間の差分

;[[ウルシオール]]
: 1917年、[[真島利行]]がアルキル[[カテコール]]の混合物であるウルシオールを発見した。また、ウルシオールが[[アレルゲン]]であることを発見し、ウルシオールがツタウルシやウルシなどのトキシコデンドロン属の植物に皮膚刺激性を与えることを明らかにした<ref name="Boyd">{{cite journal|last1=Boyd|first1=Jane E.|last2=Rucker|first2=Joseph|date=Summer 2013|title=No Ill Nature: The Surprising History and Science of Poison Ivy and Its Relatives|url=https://www.sciencehistory.org/distillations/magazine/no-ill-nature-the-surprising-history-and-science-of-poison-ivy-and-its|journal=Chemical Heritage Magazine|volume=31|issue=2|pages=20–25|publisher=[[Chemical Heritage Foundation]]|accessdate=24 March 2018}}</ref>。
 
;[[ジベレリン]]
: 1926年、[[黒沢英一]]が[[イネ]]の馬鹿苗病の原因[[毒素]]であり、[[植物ホルモン]]であるジベレリンを発見した<ref>{{cite journal|author=Kurosawa, E.|year=1926|title=Experimental studies on the nature of the substance secreted by the "bakanae" fungus|journal=Nat. Hist. Soc. Formosa|volume=16|pages=213-227}}</ref>。1935年、[[藪田貞治郎]]が[[培養液]]から単離し、ジベレリンと命名した<ref>{{cite journal|author=Yabuta, T.|year=1935|title=Biochemistry of the 'bakanae' fungus of rice|journal=Agr. Hort. (Tokyo)|volume=10|pages=17-22}}</ref>。
 
;[[心電図|携帯用心電計]]
414

回編集