「真田丸の戦い」の版間の差分

編集の要約なし
[[12月3日 (旧暦)|12月3日]]([[1月2日]])、大坂城内で[[南条元忠]]が幕府軍に内通していることが発覚した。南条は城内で[[切腹]]させられたが、豊臣軍は南条が引き続き内応しているように見せかけ、幕府軍を欺いた。
 
[[12月4日 (旧暦)|12月4日]]([[1月3日]])、前田勢は、篠山からの妨害に悩まされていたため篠山の奪取をもくろんだ。前田勢の先鋒[[本多政重]]、[[山崎長徳]]らが夜陰に乗じて篠山に攻め上がったが、真田勢は城内に撤収しておりもぬけの殻だった。夜が明けると、前田勢を真田勢が挑発した。前田勢は挑発に乗り、真田丸に突撃。真田勢は前田勢が城壁に十分近づいた所に火縄銃で射撃を行う。前田利常は、将達が命令なく攻撃して軍が損害を被ったと怒り、兵を撤収させようとした{{要出典|date=2021-05}}
 
前田勢の攻撃を知った井伊、松平勢もそれにつられる形で八丁目口・谷町口に攻撃を仕掛けた。この時、城内で火薬庫が誤って[[爆発]]する事故がおこったが、その音を聞いた幕府軍は南条の内応によるものと勘違いし、さらに激しく攻めかける結果になった。豊臣軍は城壁に殺到する幕府軍に対しここでも損害を与えた。