「高崎線」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
== 運行形態 ==
[[ファイル:JRE_TokyoArea_SuburbanLines_fromTakasaki.svg|thumb|250px|right|運転系統図]]
高崎線における運行形態の詳細を以下に記す([[20152021年]][[3月1413日]]ダイヤ改正時点)<ref name="tt201503">『JR時刻表』2015年3月号、交通新聞社。</ref>。
 
[[八高線]]に乗り入れる列車と朝5時台・夜23時台の籠原駅 - 高崎駅間の1往復を除くすべての定期列車が、[[大宮駅 (埼玉県)|大宮駅]]から[[東北本線]]([[宇都宮線]])赤羽・東京方面に乗り入れる。
 
[[普通列車]]・[[快速列車]]は、かつてはほとんどが[[上野駅]]を発着していたが、国鉄時代末期に貨物線を利用した[[赤羽駅]]発着列車が設定され、JR発足後はそれが[[池袋駅]]・[[新宿駅]]へ延伸したのち、2001年12月1日には[[東海道線 (JR東日本)|東海道本線]]の[[平塚駅]]・[[小田原駅]]と直通する[[湘南新宿ライン]]に発展した。[[2015年]][[3月14日]]には[[上野東京ライン]]が開業し、上野駅から東京駅経由で東海道線との相互直通運転が実現した<ref>{{PDFlink|[http://www.jreast.co.jp/press/2007_2/20080318.pdf JR東日本:プレスリリース:宇都宮・高崎・常磐線の東京駅乗り入れ工事の着手について]}}、2008年3月26日</ref><ref name="2012toushi">[http://www.jreast.co.jp/press/2012/20120407.pdf 2012年度設備投資計画について] - 2012年4月12日、JR東日本プレスリリース</ref><ref>{{PDFlink|[http://www.jreast.co.jp/press/2013/20131205.pdf 東北縦貫線の開業時期、愛称について]}} - 東日本旅客鉄道、2013年12月9日</ref>。現在では、上野駅発着・東京駅・品川駅終着を除く籠原駅以南の全列車が、東京駅経由または新宿駅経由で大船駅以西の東海道線に直通している。
 
また、朝夕は[[特別急行列車|特急列車]]「[[あかぎ (列車)|あかぎ]]」・「[[あかぎ (列車)|スワローあかぎ]]」が運行。このほか、上野駅 - [[群馬県]]草津方面を結ぶ特急列車「[[草津 (列車)|草津]]」が当線経由で運転されている。
 
日中時間帯は上り・下りそれぞれ1時間あたり上野東京ラインが3本、上野駅発着が1本、湘南新宿ラインが2本(1本は特別快速)設定されている。また、一部列車が高崎駅から先の[[上越線]]新前橋駅や[[両毛線]][[前橋駅]]と直通する。
 
東北本線(宇都宮線)に乗り入れる東京駅 - 上野駅間については宇都宮線と合わせて1時間に6本、上野駅 - 赤羽駅間については同じく1時間に8本、赤羽駅 - 大宮駅間については同じく1時間に12本運転されている(常磐線直通列車・特急列車を除く)。[[宇都宮線#運行形態]]も参照。
快速列車はいずれも[[熊谷駅]]以南でのみ通過運転を行い、熊谷駅 - 高崎駅間は各駅に停車する。なお、下り各快速列車は、通過運転を終了する熊谷駅より「普通」列車に種別変更する。
 
普通列車・快速列車はグリーン車を組み込んだ10両編成または15両編成の近郊形電車で運行されており、[[JR東日本E231系電車|E231系]]・[[JR東日本E233系電車|E233系]](4ドア車)で運転されている。15両編成での運用は大宮駅 - 籠原駅間のみ<ref group="注釈">ただし、深谷駅発着ダイヤ列車のみ乱れた時は籠原〜本庄駅間も15両編成で運行されることもある。</ref>となっており、籠原駅 - 高崎駅間では10両編成での運用となる。このため、高崎方面発着の一部の列車は、籠原駅で付属編成5両の[[増解結|連結・切り離し]]を行う<ref group="注釈">特急列車がかつては14両で運行されていた関係で、籠原駅(全列車通過)より先の特急停車駅の新町駅・高崎駅・新前橋駅のホーム有効長は14両分となっている。深谷駅1番線・本庄駅もかつては14両分であったが、2018年4月より15両対応となった。</ref>。
 
特急列車の待ち合わせ(通過待ち)などで長時間停車する場合については車内温度保持のために、ドア横のボタンを使用する半自動ドア扱いを行う。2005年までは主に冬期(11月15日 - 翌年3月31日)のみの実施であったが、2006年度からは夏期(7月8日 - 9月30日)にも実施されるようになり、[[2007年]][[7月1日]]からは通年化された。籠原駅 - 高崎駅間については2011年6月から全列車・全駅で半自動ドア扱いに統一している。また、上野始発の列車は15:59発まで上野駅では半自動扱いとなる。
[[1997年]]10月1日改正で全列車が熊谷駅 - 前橋駅間で各駅停車に統一された。かつて上野駅発着の一部列車と池袋駅発着(土曜・休日の1本除く)が北本駅にも停車していたが、[[2004年]]10月16日改正で日中の「アーバン」はすべて[[湘南新宿ライン]]の[[特別快速]]に置き換えられる形で廃止され、2009年3月14日のダイヤ改正で平日夕方の「アーバン」の運転がなくなった。
 
2018年3月17日現在では、毎日運行される東京発下り朝8・9時台の2本(平日は共に小田原発<ref group="注釈">2018年3月16日まではそれぞれ二宮・小田原発</ref>、土曜・休日は国府津・小田原発が1本ずつ:東海道線区間は普通列車として運行)と土曜・休日の夕方以降に上りが3本、下りが5往復(すべて上野駅発着)が運行されている。2021年3月13日改正では、通勤快速として運行されていた通勤快速からの置き換えで、快速「アーバン」が増加した。
 
運行の下り2本に関しては1本のみ上尾駅で先行の湘南新宿ラインからの普通と接続する。土曜・休日夕方以降の列車に関しては、一部列車を除いて下りが桶川[[上尾]][[鴻巣駅]]のいずれかで、上りは[[熊谷駅]]鴻巣駅・[[桶川駅]]のいずれかで先行の普通列車と接続する。このほか、浦和駅・赤羽駅で宇都宮線からの上野東京ライン東海道線直通列車に連絡する列車、終点上野駅で始発の上野東京ライン東海道線直通列車に連絡する列車もある。
 
また、1997年9月30日までは、朝ラッシュ時の上りに高崎駅 - 深谷駅間で新町駅・本庄駅のみに停車し、深谷駅から各駅に停車する池袋行きの列車が設定されていた。この列車は、設定当初は「通過駅のある普通列車」という扱いであったが、1994年12月3日のダイヤ改正以降1997年10月1日のダイヤ改正での設定消滅までは快速列車として取り扱われた。
東京駅 - 大宮駅間の東北本線列車線(宇都宮線)上にホームのある駅すべてと、高崎線内の各駅に停車する。2015年3月14日の上野東京ライン開業に伴い、多くの列車が上野駅から先、東京駅に乗り入れて東海道線に直通し、[[小田原駅]]・[[熱海駅]]発着で運行されている(一部は[[平塚駅]]や[[国府津駅]]止まり<!--昼間もある-->)。
 
日中時間帯は1時間に43本(籠原駅 - 高崎駅間は2本)設定されており、43本のうち3本が東海道線直通、1本が上野駅発着である。上野発時刻は毎時05・15・30・45分に揃えられている。なお、日中の一部列車は、後寄り1両(1号車)の一部を区切り、[[荷物列車|新聞輸送]]に用いる。
 
上野駅が始発・終点となる普通列車は1時間に1 - 3本程度で、上りの上野止まりの列車は日中午後<ref group="注釈">籠原駅を149時台に発車する1本を除く。</ref>、下りの上野始発は全日の日中、土休日の夕方・夜間に設定がない時間帯がある。朝には[[品川駅|品川]]行き・[[大船駅|大船]]行き<ref group="注釈">品川行きは平日3本、休日4本。大船行きは平日朝1のみ。2017年10月14日のダイヤ改正により、同16日より運行開始。</ref>、[[藤沢駅|藤沢]]始発<ref group="注釈">2021年5月現在 平日朝 藤沢駅 8:11発 上野駅行きのみ</ref>、朝夕には[[国府津駅]]発着の区間列車のほか、[[東海道線 (静岡地区)|東海道線JR東海管内]][[沼津駅|沼津]]行き<ref group="注釈">沼津発高崎線直通の設定は無し。</ref>、[[伊東線]][[伊東駅]]発着もある。朝に東京駅始発、深夜に東京駅発着もある。一方高崎側では、一部、高崎駅より先に直通し[[上越線]]新前橋駅発着・[[両毛線]]前橋駅発着で運行される。下りは朝に平日1本・土休日2本のみ東京始発の籠原行き(上野東京ライン扱い)があるが、上りの東京行きは設定がなく、上野東京ライン直通列車は最短でも品川駅までは東海道線内へ乗り入れる。
日中の上野終着の列車の多くは、さいたま新都心駅 - 尾久駅のいずれかの駅で、後続の宇都宮線系統の上野東京ライン・東海道線直通列車に同一ホームで乗り換えができる<ref group="注釈">ちなみに、直後の宇都宮線発小田原行(午後は沼津行)は国府津駅で快速アクティーに抜かれる。その直後の宇都宮線発熱海行(午後1本は小田原行)は東海道線内快速アクティーである。小田原駅と、小田原以遠の各駅に先着する。</ref>。一方、日中上野発毎時05分の列車は、尾久駅 - 大宮駅のいずれかの駅で、上野始発の宇都宮線列車に同一ホームで乗り換えができる。
 
過去には、[[深谷駅]]始発列車が朝に上野行き上り1本運転されてい。2019年3月のダイヤ改正までは、夜に下り深谷行き(平日は東海道線熱海発<ref group="注釈">熱海発列車の15両編成での運転距離は高崎線 - 東海道線直通系統では上野東京ライン・湘南新宿ラインを通じて最長。2018年4月より、深谷駅(1番線) - 岡部駅 - 本庄駅間のプラットホームが15両対応となったが、同駅間を15両編成のまま運行する定期列車は存在しない。</ref>・土休日は平塚発で下り1本)が運転されていた。また、籠原発5時半の高崎行きと高崎発23時過ぎの籠原行きの列車がそれぞれ1本設定されている。上野発23時45分過ぎの下り終電は高崎行きで、到着時刻は1時半過ぎ(1時37分)であった<ref group="注釈">2021年3月のダイヤ改正で上野発23時45分過ぎの下り終電は高崎行きから籠原止まり(0:59 着)に短縮された。また、高崎駅への終電は上野23:25発となり、終点の高崎着は、1:14 となってい。</ref>
上野駅が始発・終点となる普通列車は1時間に1 - 3本程度で、上りの上野止まりの列車は日中午後<ref group="注釈">籠原駅を14時台に発車する1本を除く。</ref>、下りの上野始発は全日朝、土休日の夕方・夜間に設定がない時間帯がある。朝には[[品川駅|品川]]行き・[[大船駅|大船]]行き<ref group="注釈">平日朝1本のみ。2017年10月14日のダイヤ改正により、同16日より運行開始。</ref>、[[藤沢駅|藤沢]]始発、朝夕には[[国府津駅]]発着の区間列車のほか、[[東海道線 (静岡地区)|東海道線JR東海管内]][[沼津駅|沼津]]行き<ref group="注釈">沼津発高崎線直通の設定は無し。</ref>、[[伊東線]][[伊東駅]]発着もある。朝に東京駅始発、深夜に東京駅発着もある。一方高崎側では、一部、高崎駅より先に直通し[[上越線]]新前橋駅発着・[[両毛線]]前橋駅発着で運行される。下りは朝に平日1本・土休日2本のみ東京始発の籠原行き(上野東京ライン扱い)があるが、上りの東京行きは設定がなく、上野東京ライン直通列車は最短でも品川駅までは東海道線内へ乗り入れる。
 
[[深谷駅]]始発列車もが朝に上野行き上り1本運転されている。2019年3月のダイヤ改正までは、夜に下り深谷行き(平日は東海道線熱海発<ref group="注釈">熱海発列車の15両編成での運転距離は高崎線 - 東海道線直通系統では上野東京ライン・湘南新宿ラインを通じて最長。2018年4月より、深谷駅(1番線) - 岡部駅 - 本庄駅間のプラットホームが15両対応となったが、同駅間を15両編成のまま運行する定期列車は存在しない。</ref>・土休日は平塚発で下り1本)が運転されていた。また、籠原発5時半の高崎行きと高崎発23時過ぎの籠原行きの列車がそれぞれ1本設定されている。上野発23時45分過ぎの下り終電は高崎行きで、到着時刻は1時半過ぎ(1時37分)である。
 
また、2005年12月10日改正までは大宮駅 - 籠原駅間のみを運転する列車<ref group="注釈" name="大宮駅・池袋駅・新宿駅発着" />が、2007年3月18日改正までは本庄行きの列車が設定されていたが、いずれも上野駅や高崎駅まで運転区間が延長され消滅した。また、2000年頃までは両毛線の[[伊勢崎駅|伊勢崎]]行き、上越線の[[渋川駅|渋川]]行きが<ref group="注釈">『JTB時刻表』2000年3月号では上野発伊勢崎行き、渋川行きとも記載されているが、同2002年12月号では上野発伊勢崎行き823Mは横川行きに、渋川行き899Mは籠原行きに運転区間が変更され、両駅行きともなくなっている。</ref>、2001年頃までは上越線[[井野駅 (群馬県)|井野駅]]を通過する普通列車(下り新前橋行き最終)が<ref group="注釈">『JTB時刻表』2001年4月号では下り新前橋行き最終普通列車985Mは井野駅通過、同2002年12月号では同駅停車となっている。</ref>、2004年10月16日改正までは[[信越本線]]の[[横川駅 (群馬県)|横川駅]]発着と両毛線の[[桐生駅|桐生]]・伊勢崎発の列車も設定されていた。また2015年3月15日改正まで平日朝に1本、鴻巣始発が設定されていた。
 
==== 特別快速 ====
2004年10月16日に運行を開始した。日中に1時間に1本運転されている。高崎線内では日中の「アーバン」を湘南新宿ラインへ置き換えた形で運行されており、「アーバン」の停車駅に加えて北本駅にも停車する。山手線内では[[恵比寿駅]]を通過、直通先の東海道線内では快速「アクティー」(こちらは上野東京ライン経由で宇都宮線と直通)と同じ駅に停車する。日中の湘南新宿ライン快速は籠原駅発着での運転のため、この時間帯の高崎駅発着の湘南新宿ライン系統はこの種別のみとなる。
 
2001年の湘南新宿ライン開業当初から[[横須賀線]]電車と線路を共用する区間では[[大崎駅]] - [[戸塚駅]]間のみ快速運転をし、高崎線内と東海道線戸塚駅 - 平塚駅・国府津駅間は各駅に停車(一部高崎線内快速運転)する快速列車(後述)が運転されており、その上位列車として「'''特別快速'''」という種別が設定された。特別快速と入れ替えで、同じく湘南新宿ライン開業当初から運転されていた高崎線内と大崎駅 - 戸塚駅間を快速運転して東海道線のみ各駅に停車する列車が廃止された。
北行の1本目が[[平塚駅|平塚]]発である以外は[[小田原駅]] - [[新宿駅]] - 高崎駅間で運行されているが、以前は祝日や長期休暇を中心に土休日ダイヤで2往復が[[熱海駅]]まで延長運転を行う日があった。また、2008年12月 - 2009年1月の土休日・年末年始には臨時列車として[[国府津駅|国府津]]行きの特別快速が設定された。
 
土休日の12本を除き南行(上り)は桶川駅で先行の上野東京ライン方面の普通に接続、北行(下り)は多くの列車が、上尾駅・鴻巣駅・桶川駅で先行の上野東京ラインからの普通に接続する。
 
籠原以南では全列車15両で運転される<ref name="15両">{{PDFlink|[http://www.jreast.co.jp/takasaki/news/docs/20141219_2.pdf 2015年3月ダイヤ改正について]}} - 東日本旅客鉄道高崎支社ニュースリリース 2014年12月19日</ref>。
 
==== 快速 ====
[[2001年]]12月1日の湘南新宿ライン開業に合わせて運行を開始した。終日運転されている。実際に通過運転を行うのは横須賀線と線路を共用する大崎駅 - 戸塚駅間のみで、高崎線内と戸塚駅 - 平塚駅・国府津駅・小田原駅間の東海道線内は普通として運転されており、当路線区間(北行は大崎駅から)では「普通」と案内される。この種別は日中は籠原駅 - 平塚駅・国府津駅間の運行で1時間に1本が運転される。また日中の籠原行は終点の籠原駅で先行して走っていた上野東京ライン経由高崎行き普通列車と接続を取ることが多い(この列車は東海道線内でも湘南新宿ラインの列車の1本前を先行する)。特別快速の設定がない朝や夕方以降は高崎駅 - 平塚駅・国府津駅・小田原駅間の列車が運転されており、1時間に2 - 3本が運転される。また、朝の南行には[[両毛線]]前橋発が設定されているほか、平日朝には深谷発の南行も1本設定されてい。2004年10月15日までは高崎線内でも快速運転する快速(高崎線内の停車駅は現在の特別快速と同じ。東海道線内は各駅停車)も存在した。
 
全列車大宮駅 - 籠原駅間では15両で運転される<ref group="注釈"> 平日朝の深谷発は全区間で15両で運転される)ていた</ref><ref name="15両" />。
 
事故・トラブルや、大雨・落雷などでダイヤが大幅に乱れた場合、通常は設定されていない、鴻巣駅・吹上駅・熊谷駅折り返しの列車が運転されることがある。
236

回編集