「大倉直介」の版間の差分

訂正
(新規)
 
(訂正)
 
==経歴==
旧新発田藩主・[[溝口直正]]の次男。1910年に[[東京大学|東京帝国大学]]工科大学建築学科を卒業した後、同郷の実業家・[[大倉喜八郎]]の妹みちの養子となる。大倉火災海上保険常務、同社長などを歴任
 
*1910年 - [[東京大学|東京帝国大学]]工科大学建築学科を卒業、陸軍技師となる<ref>以下の経歴は主に『日本近代建築人名総覧』による。</ref>。
*1914年 - 大倉に改姓<ref>『官報』1914年03月20日[https://www.dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2952590/4]。</ref>。
*1915年 - 大倉組会計部。
*1919年 - 大倉組ロンドン支店。
*1922年 - 大倉商事保険部長。
*1926年 - 大倉商事監査役。
*1928年 - 大倉火災保険常務取締役。
*1935年 - 同社長(1943年頃まで)。
*1940年頃 - 昭和化工(株)取締役。
*1949年頃 - 昭和化工(株)監査役。
 
==参考文献==
*堀勇良『日本近代建築人名総覧』(2021年)
*『人事興信録』第8版(1928年)[https://jahis.law.nagoya-u.ac.jp/who/docs/who8-4357]
 
==註釈==
<references/>
 
==関連項目==