「ゴッド&ジェネラル/伝説の猛将」の版間の差分

m
内容の拡充。
m (内容の拡充。)
 
 
== ストーリー ==
[[南軍]]の名将として名高い[[ロバート・E・リー]]と[[ストーンウォール・ジャクソン]]、北軍の英雄[[ジョシュア・チェンバレン]]、後に[[エイブラハム・リンカーン|リンカーン]]暗殺事件の実行犯となる俳優[[ジョン・ウィルクス・ブース]]を中心に、南北戦争初期の推移を描く。南北戦争が[[南軍]]側にとっては郷土防衛のための戦いであった背景を重視し、両陣営を公平な視点から描いている。第2部の「ゲティスバーグの戦い(Gettysburg)」に続いて製作されたこの映画は南北戦争3部作の第1部である。
 
3部作の最終章となるはずの「Last Full Measure」は2021年5月現在製作のアナウンスは無い。
本編は[[第一次マナサスの戦い|マナサス]]、[[フレデリックスバーグの戦い|フレデリックスバーグ]]、[[チャンセラーズビルの戦い|チャンセラーズビル]](いずれも南軍が勝利した主要な戦闘)の3章に分けられているが、米国内で販売されているBlu-ray特別版では[[アンティータムの戦い]]の章が新たに追加されている。
 
本編は[[第一次マナサスの戦い|マナサス]]、[[フレデリックスバーグの戦い|フレデリックスバーグ]]、[[チャンセラーズビルの戦い|チャンセラーズビル]](いずれも南軍が勝利した主要な戦闘)の3章に分けられている。なおディレクターズカット版として米国内で販売されているBlu-ray特別は4時間39分ほど(通常[[アンティータムの戦い]]の章が新たに追加されてい3時間28分ほど)ある。
 
 
【ディレクターズカット版で追加された主なシーン】
 
(1)[[アンティータムの戦い]]の章(とうもろこし畑での戦闘シーンは必見)
 
(2)リンカーン暗殺事件の実行犯となる俳優ジョン・ウィルクス・ブースのシーンが新たに追加されている。
 
なお、前作「ゲティスバーグの戦い(Gettysburg)」のオープニングで密偵役のハリソンもブースの同僚として出演している。通常版ではブースとともに全てカットされていた。
 
(3)南軍騎兵隊の[[J・E・B・スチュアート|J・E・B・スチュアート将軍]]が使わした[[:en:John_Pelham_(officer)|ジョン・ペラム少佐]]がジャクソン将軍に仕立ての良い制服を届けるシーン。(クレジット表記は無いが、[[:en:John_Pelham_(officer)|ジョン・ペラム少佐]]である。彼は[[フレデリックスバーグの戦い]]で2門の大砲を駆使し大活躍している。しかし[[チャンセラーズヴィルの戦い]]の前の[[ケリーズフォードの戦い]]で戦死している。)
 
(3)南軍の慰問団が歌う「Bonnie Blue Flag」の前に、夫婦の小芝居が入っている。
 
 その他細かなシーンの追加もあるり、約1時間ほどが通常版より追加され、物語を更に重厚なものにしている。
 
 
通常版・ディレクターズカット版ともに、2021年5月現在、日本語字幕版は発売されていない。
 
しかし過去に洋画専門チャネルのザ・シネマなどにて前編・後編に分けて日本語字幕版が放送されたことはある。
 
== キャスト ==
1

回編集