「高根島」の版間の差分

編集の要約なし
 
: 字 寺本にある、[[曹洞宗]](本尊 : 阿弥陀如来)の寺院。[[永和 (日本)|永和]]年間の経典<ref group="注">[[備後国]]三原 金剛院 源恵 願主 県重文「紙本墨書大般若経」 : [[世羅郡]][[世羅町]]永寿寺蔵。</ref>には、「香根島長善寺」として残る<ref>[http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/bunkazai/bunkazai-data-202050390.html 広島県の文化財 - 紙本墨書大般若経(世羅郡世羅町)]</ref>。[[ファイル:瀧山からのパノラマ.jpg|代替文=四国石鎚山を望む|サムネイル|768x768ピクセル|瀧山観音堂裏の大岩上方にある石鎚山・大峯山より四国石鎚山方面を望む。多々羅大橋の向こうにうっすらと見えるのが石鎚山。]]<br />
; 瀧山観音堂
: 高根山南腹・字 瀧山にある、背後に大岩を背負う形に建っている。本尊は[[十一面観音|十一面観音菩薩]](秘仏)で33年に一度開帳される<ref group="注">昭和51年(1976年)の開帳には、長全寺本堂に本尊宮殿を降ろし出開帳が行われた。また、平成6年(1994年)の堂宇再建事業落慶法要には特別開帳が行われた。</ref>。創建年代不詳。 生口島御寺の[[光明坊]]と関わる伝説が残っている。[[後白河天皇|後白河法皇]]皇女武子内親王は如念尼として出家し、この地に住まいした。[[法然]]が[[讃岐国|讃岐]]配流の折にここを訪れ布教をした。その後、如念尼はこの地で生涯を終えた。讃岐に炭焼きの小五郎という人が如念尼の死去を聞きこの霊を弔うために3つの石([[別子銅山|別子]]の霊石と言われている)に観音像を刻み筏に乗せて海に流したという。一つは[[岩城島]]に漂着し[[祥雲寺 (上島町)|祥雲寺]]の観音として祀られている。もう一つは[[瀨戸田]]の室浜に流れ着き海護院に祀られた。海護院は旧瀬戸田町の海水プール跡地にあったと言われ今は存在しない。その場所は古くは「かいご」と呼ばれていたという。のこり一つは垂水の沖に沈んだという<ref>「生口文化」5号</ref>。
:言い伝えに、福田に漁師がいた。いつものように網を入れていたがその日は不漁で引き上げようと網を揚げようとすると何か引っかかっている。大物かと思い夫婦二人で引き上げると大きな石がかかっていた。がっかりして石をうち捨てて帰路についた。次の日、別な場所で網を入れると昨日と同じ石がかかったが不思議なことがあるものだと復うち捨てて帰った。更に翌日別な場所で網を入れるとまた同じ石がかかった、これは何か験のあることに違いないと今度は持ち帰って家に祀った。その夜夢枕に観音様が立ち「網にかかった石を高いところに祀って欲しい、そうしたら海難なく過ごせるようにしてやろう」と告げた。早速漁師は有志を募り大隅屋に相談を持ちかけた。そこの主人が発起人となり現在の高根島瀧山に祠を建て、石を本尊として祀った。祠は大工タケダヤバンジの発案で大隅屋の方角を向いているという<ref>「生口文化」12号</ref>。
:漁師の網にかかった石の観音像を祀ったといい、普段は[[白衣観音]]の影をした天然石が祀られている<ref name=":1">{{Cite book|title=生口の歴史|date=|year=|publisher=瀬戸田町郷土史研究会}}</ref>。近在に広く信仰を集めたと見え、石塚に鹿田原・福田などいづれも瀬戸田町内集落の名が見える<ref name=":1" />。 また、堂内には江戸時代中頃の俳額が献納されており雅号には瀬戸田町近在の名が見られる。