「カルディア (トラキア)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (cat)
m
 
{{coord|40|32|50|N|26|44|27|E|region:TR_source:kolossus-cawiki|display=title}}
'''カルディア'''({{lang-el-short|Kαρδία}})は、古代において[[トラキア・ケルソネソス]](現[[ゲリボル半島]])の主要な町であり、メラス(Melas)湾(現サロス(Saros)湾)の岬にあった町。もとは、[[ミレトス]]や[[クラゾメナイ]]の植民地であったが、[[ミルティアデス|小ミルティアデス]]の時代(紀元前6世紀後半)には、その僭主政治(紀元前515–493)が進むにつれ、[[アテネ]]の入植者も受け入れた。
しかし、これによってカルディアが必ずしも常にアテネびいきとなったわけではなく、紀元前357年にアテネがケルソネソスの支配権を握ったときには、トラキア公の統治下にあったカルディアは唯一中立を保った。しかし、転機となったのは紀元前357年で、この年、カルディアは[[マケドニア王国|マケドニア]]王[[ピリッポス2世 (マケドニア王)|ピリッポス2世]]と友好条約を締結した。重大な危機が一気に高まったのが343年で、この年、アテネの傭兵隊長ディオペイテス(Diopeithes)は、[[アッティカ]]の移民をカルディアに引き連れてきた。そして、カルディアが彼らの受け入れに難色を示したため、ピリッポスはすぐにカルディアに救援を送った。ピリッポス王は調停による両都市間での話し合いを移民に提案したが、アテネはこれを拒否した<ref>ヘロドトス『歴史』7、58。6、34。9、115。デモステネス、Speeches、"On the Chersonese"、58、64、"On the Halonnesus"、41、43、44</ref>。309年頃、カルディアは[[リュシマコス]]によって破壊された<ref>a b Pausanias, Description of Greece, i. 9</ref>。後に再建されたが、再び繁栄することはなかった。[[リュシマキア]]がその近辺に建設され、カルディア住民を入植させられ、周辺の第一の都市となったためである<ref>Strabo, Geography, vii. 7; Pausanias, i. 10; Appian, The Civil Wars, iv. 88; Ptolemy, Geographia, iii. 12; Stephanus of Byzantium, Ethnica, s.v. "Cardia"</ref>。カルディアは、アレクサンドロス大王の書記官[[カルディアのエウメネス|エウメネス]]<ref>Cornelius Nepos, Lives of Eminent Commanders, "Miltiades", 1</ref>と歴史家[[ヒエロニュモス]]の生まれた街である
重大な危機が一気に高まったのが343年で、この年、アテネの傭兵隊長ディオペイテス(Diopeithes)は、[[アッティカ]]の移民をカルディアに引き連れてきた。そして、カルディアが彼らの受け入れに難色を示したため、ピリッポスはすぐにカルディアに救援を送った。ピリッポス王は調停による両都市間での話し合いを移民に提案したが、アテネはこれを拒否した<ref>ヘロドトス『歴史』7、58。6、34。9、115。デモステネス、Speeches、"On the Chersonese"、58、64、"On the Halonnesus"、41、43、44</ref>。309年頃、カルディアは[[リュシマコス]]によって破壊された<ref>a b Pausanias, Description of Greece, i. 9</ref>。後に再建されたが、再び繁栄することはなかった。[[リュシマキア]]がその近辺に建設され、カルディア住民を入植させられ、周辺の第一の都市となったためである<ref>Strabo, Geography, vii. 7; Pausanias, i. 10; Appian, The Civil Wars, iv. 88; Ptolemy, Geographia, iii. 12; Stephanus of Byzantium, Ethnica, s.v. "Cardia"</ref>。カルディアは、アレクサンドロス大王の書記官[[カルディアのエウメネス|エウメネス]]<ref>Cornelius Nepos, Lives of Eminent Commanders, "Miltiades", 1</ref>と歴史家[[ヒエロニュモス]]の生まれた街である。
 
 
==参考文献==