「古畑任三郎のエピソード一覧」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
| 概要 = 大野もみじ・かえで(松嶋菜々子・1人2役)は[[一卵性双生児]]の脚本家。2人で協力し、「加賀美京子」というペンネームで何本ものヒット作を飛ばし続けていた。人気推理ドラマ「ブルガリ三四郎」もその1本。先ごろ最終回を迎えたこの番組の打ち上げパーティーには、ドラマの監修をしていた古畑も招待され、大盛況のうちに終わった。華やかなテレビ業界での成功のためには、不得手な部分を補い合う姉妹の長年の共同活動があっての成果だったが、方向性の違いから二人の仲は軋みだし、ついに自殺を装った殺人事件として、コンビ解消の形を迎える。古畑はドラマの監修をした縁で捜査を担当することになるが、その先には予想外の結末が待っていた。
----
唯一、同一人物が作中で1人2役を演じている。本作ではシリーズで初めて古畑の内面へと迫っている。全エピソードを通し唯一、ラストまで真犯人だけでなく真の被害者も伏せられている。また、演出を手がけた河野圭太は後の三谷幸喜との対談の中で「哀しい女性に対する古畑の優しさ」などの趣旨の発言をしている。松金よね子が第16回家政婦役に続き2回目のゲスト出演をしている。また小日向文世も第34回プロ囲碁棋士役に続き2回目のゲスト出演をしている。近藤芳正は第19回テレビ局製作スタッフ役に続き、同一人物の「海老沢」役で出演している。地上波では、フジテレビでは2008年6月14日の土曜プレミアムにて、「古畑中学生」の放送に伴う番宣の一環での再放送<ref name="huruhatamobile" />と、2010年の土曜スペシャル枠との計2回再放送された<ref>{{Cite web|url=https://kakaku.com/tv/channel=8/programID=3017/episodeID=306911/|title=「土曜スペシャル ~古畑任三郎 ファイナル 第3話 ラスト・ダンス(再)~」2010年4月10日(土)放送内容 | テレビ紹介情報|publisher=[[価格.com]]|accessdate=2020-11-26}}</ref>。また日本映画専門チャンネルでは不定期に放送実績がある<ref>{{Cite web|url=https://www.nihon-eiga.com/program/detail/nh10005506.html|title=古畑任三郎ファイナル ラストダンス|publisher=[[日本映画専門チャンネル]]|accessdate=2021-02-08}}</ref>。2021年5月21日には急逝した田村正和の追悼特番として20:00から再放送され<ref name="furuhatatsuitou1" />。ただし[[カンテレ]]では20:00-20:06まで[[報道ランナー|報道ランナープラス]]を編成したため<ref>{{Cite web|url=https://www.tvkingdom.jp/schedule/102080202105212000.action|title=報道ランナープラス - Gガイド.テレビ王国|publisher=[[Gガイド]]|accessdate=2021-05-21}}</ref>、古畑が登場するオープニング部分をカットした上で、タイトルクレジットのみを表示した簡易オープニングのみで20:06より飛び乗る形での放送となった<ref>{{Cite web|url=https://www.tvkingdom.jp/schedule/102080202105212006.action/|title=田村正和さん追悼特別番組古畑任三郎ファイナル~ラスト・ダンス~ - Gガイド.テレビ王国|publisher=[[Gガイド]]|accessdate=2021-05-21}}</ref>。
| 備考1 = [[松嶋菜々子]]<br />(双子役の二役)
| 備考1のスタイル = text-align:center;