「ヴラチスラフ2世 (ボヘミア王)」の版間の差分

m
m (Bot作業依頼: ボヘミア王記事の改名に伴うリンク修正依頼 (オタカル1世 (ボヘミア王)) - log)
m (Bot作業依頼: ハンガリー王記事群の改名に伴うリンク修正依頼 (アンドラーシュ1世 (ハンガリー王)) - log)
ヴラチスラフ2世は次にモラヴィアに目を向けた。彼はこの地域を二分し、2人の弟[[コンラート1世 (ボヘミア公)|コンラート]]とオトにそれぞれ任せることとした。オロモウツの司教区への昇格はモラヴィアを強化する目的もあった。また、宮廷を[[プラハ城]]から[[ヴィシェフラト]]に移転し、ここに有名な[[コレギアト礼拝堂]](プラハ)を創設した([[1070年]])。
 
内には権力を強化し、外には婚姻政策を用いて支援者を探した。最初の妻マリアに先立たれた後、2度目の妻に[[ハンガリー王国|ハンガリー]]王[[アンドラーシュ1世 (ハンガリー王)|アンドラーシュ1世]]の娘アデルハイド([[チェコ語]]名アドレータ・ウヘルスカー)を迎えたが、彼女の死後、[[ポーランド王国|ポーランド]]公[[カジミェシュ1世]]の娘[[スヴァタヴァ・ポルスカー|スヴァタヴァ]]との再婚によって、伝統的に関係の良くないボヘミアとポーランドの関係を改善しようとしたが、成果が挙がらず、[[1070年]]及び[[1071年]]に両邦の境界地域で偶発的な戦闘が起こった。ボヘミア公とポーランド公はこの時点では[[ローマ王]](及び[[神聖ローマ皇帝|ローマ皇帝]])の家臣であるため、1071年の秋に[[ハインリヒ4世 (神聖ローマ皇帝)|ハインリヒ4世]]はヴラチスラフ2世と[[ボレスワフ2世 (ポーランド王)|ボレスワフ2世]]の両者を[[マイセン]]に呼び出し、平和協定を結ぶよう強要した。しかしこの和平は長続きせず、ボレスワフ2世はその後すぐにボヘミアに侵攻を開始したと推測される。ハインリヒ4世は[[1072年]]にこれに応えて出兵したが、[[教皇]][[グレゴリウス7世 (ローマ教皇)|グレゴリウス7世]]との戦い([[叙任権闘争]])のためにこれを遂行することはできなかった。
 
それでもヴラチスラフ2世はハインリヒ4世と緊密な関係を保った。彼は[[ザクセン公国|ザクセン]]貴族との戦い([[ザクセン戦争 (ハインリヒ4世)|ザクセン戦争]])において最も重要なハインリヒ4世の支援者であり、ボヘミアはこの時代、[[シレジア|シュレージエン]]をめぐるポーランドとの国境紛争があったにも関わらず、ホムベルクの戦い([[1075年]])やフラルヒハイムの戦い([[1080年]])に参戦し、反乱を起こしたドイツ貴族を討伐し、[[イタリア]]に出兵した。[[1076年]]、ザクセン戦争に勝利したハインリヒ4世は、ヴラチスラフ2世にマイセン辺境伯領、[[ラウジッツ辺境伯領]]及びザクセンの[[オストマルク (ザクセン)|オストマルク]]地方を任せた。
467,793

回編集