「地獄の門」の版間の差分

m
体裁の調整
m (体裁の調整)
タグ: 2017年版ソースエディター
=== 地獄の門の碑銘 ===
『神曲』地獄篇は、作者にして主人公のダンテが[[古代ローマ]]の詩人[[ウェルギリウス]]に導かれて、地獄を巡るという内容である。「地獄の門」は、この地獄の入口にかかる門であり、『神曲』地獄篇第3歌の冒頭は、門の頂に記された銘文から始まっている。和訳は[[山川丙三郎]]訳より。
{{cquote|
:''Per me si va ne la città dolente,''
:''per me si va ne l'etterno dolore,''
:''per me si va tra la perduta gente.''
 
{{verse translation|lang=fr
:''Giustizia mosse il mio alto fattore;''
:''|Per me si va ne la città dolente,''
:''fecemi la divina podestate,''
:''per me si va ne l'etterno dolore,''
:''la somma sapïenza e 'l primo amore.''
:''per me si va tra la perduta gente.''
 
:''Giustizia mosse il mio alto fattore;''
:''Dinanzi a me non fuor cose create''
:''fecemi la divina podestate,''
:''se non etterne, e io etterno duro.''
:''la somma sapïenza e 'l primo amore.''
:''Lasciate ogne speranza, voi ch'intrate.'''<ref>{{cite wikisource|title=Divina Commedia|chapter=Inferno/Canto III|wslanguage=it}}</ref>
 
:''Dinanzi a me non fuor cose create''
:''se non etterne, e io etterno duro.''
:''Lasciate ogne speranza, voi ch'intrate.'''<ref>{{cite wikisource|title=Divina Commedia|chapter=Inferno/Canto III|wslanguage=it}}</ref>
|
:''我を過ぐれば憂ひの都あり、''
:''我を過ぐれば永遠の苦患あり、''
我を過ぐれば滅亡の民あり
 
:''義は尊きわが造り主を動かし、''
:''我を過ぐれば憂ひの都あり、''
:''聖なる威力、比類なき智慧、''
:''我を過ぐれば永遠の苦患あり、''
:''第一の愛、我を過ぐば滅亡の民あ''
 
:''永遠の物のほか物として我よりさきに''
:''義は尊きわが造り主を動かし、''
:''造られしはなし、しかしてわれ永遠に立つ、''
:''聖なる威力、比類なき智慧、''
:''汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ''<ref>http://www.aozora.gr.jp/cards/000961/card4618.html 青空文庫</ref>
:''第一の愛、我を造れり''
 
:''永遠の物のほか物として我よりさきに''
:''造られしはなし、しかしてわれ永遠に立つ、''
:''汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ''<ref>http://www.aozora.gr.jp/cards/000961/card4618.html 青空文庫</ref>
}}
 
地獄の門の銘文は、門自身が一人称で語りかける形となっており、いわば門の自己紹介であると同時に地獄の紹介ともなっている。
 
479

回編集