「夜に駆ける」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
小説を音楽にするユニット「YOASOBI」として初の作品。小説投稿サイト「[[monogatary.com]]」に投稿された[[星野舞夜]]の小説『[[タナトスの誘惑]]』を原作として作詞・作曲された<ref name="realsound200512">{{Cite news|title=YOASOBI「ハルジオン」原作者・橋爪駿輝が語る、音楽と文学の融合「文章が別の形へ昇華されていくのはエキサイティング」|newspaper=リアルサウンド ブック|date=2020-05-12|url=https://realsound.jp/book/2020/05/post-550709.html|accessdate=2020-05-13}}</ref>。
 
制作秘話として、「ikuraに歌ってもらうことありきで作った。ikuraのことを全く知らない状態だったので、ikura本人のオリジナルやカバー動画も含め聞き、本人になりきって考えて作った。」とAyaseが語っている<ref>2021年1月5日放映の以下番組にて語っている。{{Citation|title=ヒャダ×体育のワンルーム☆ミュージック - NHK|url=https://www.nhk.jp/p/oneroommusic/ts/MJG6R4RVGM/|accessdate=2021-01-11|language=ja|last=日本放送協会}}</ref>」。「YOASOBIの一発目の曲で、デビュー曲ということもあるし、小説を音楽にするっていう新しい試みの第1弾だった」こともあり、「3カ月はかかりましたね」と語っている<ref name=":0">{{Cite web|title=<初耳学>YOASOBI・Ayaseが下積み秘話を初告白「2DKのDK部分に住んでました」 (2/2)|url=https://thetv.jp/news/detail/1022954/p2/|website=WEBザテレビジョン|accessdate=2021-05-27|language=ja|last=WEBザテレビジョン}}</ref>。
 
また、大ヒット楽曲としては製作費が非常に安いことも特徴で、「『夜に駆ける』の作曲にかかったお金はゼロ円で。実際にギターが弾ける友達に[[高田馬場]]のカラオケボックスで夜な夜な弾いてもらって作ったので、そういうの込み込みで総製作費3000円ぐらいなのかな」と語っている<ref name=":0" />。
 
2021年3月末より、[[九州朝日放送|九州朝日放送(KBCテレビ)]]のクロージングBGMにも起用されている。