「宮原忠英」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: メディア除去
{{脚注の不足|date=2016年4月}}
'''宮原 忠英'''(みやばら ただひで、[[1818年]]([[文政]]元年3月) - [[1885年]]([[明治]]18年)7月)は、[[幕末]]の[[旗本]]、明治期の[[官吏]]。[[大宮県]]知事。[[仮名 (通称)|仮名]]は中務。
 
== 略歴 ==
[[御徒]]組頭の河野彦左衛門の子として生まれ、[[天璋院]]広敷添番宮崎勝次郎の養子となり宮崎達郎と名乗った。1860年に家督を継いで[[天璋院]]広敷添番となり、まもなく[[久美浜代官所|久美浜代官]]に転じそこで[[明治維新]]をむかえる。新政府に恭順を示した後、[[奈良府]]判事と[[大宮県]]知事をそれぞれ短期間務めるが、その後の足取りは不明である。<ref name="岸2003">{{cite journal|author=岸清俊|year=2003|title=職員履歴と達書にみる大宮県の成立とその展開|journal=文書館紀要|volume=16|pages=38-64|url=https://monjo.spec.ed.jp/wysiwyg/file/download/1/129}}</ref>
 
『香取郡誌』によれば[[吉田村 (千葉県)|吉田村]](現・[[匝瑳市]]吉田)の生まれで、幼名登一郎。[[東叡大王|上野輪王寺宮]]に[[右筆]]として仕えたのち旗本に転じたとある。<ref name="香取郡誌">[{{NDLDC|965696/390}} 香取郡誌] - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー</ref>
 
== 履歴 ==
 
== 参考文献 ==
{{reflist}}
*[{{NDLDC|1874653/40}} 百官履歴 177 宮原忠英] - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
*{{cite journal|author=岸清俊|year=2003|title=職員履歴と達書にみる大宮県の成立とその展開|journal=文書館紀要|volume=16|pages=38-64|url=http://www.monjo.spec.ed.jp/?action=common_download_main&upload_id=515}}
*[{{NDLDC|965696/390}} 香取郡誌] - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
 
{{people-stub}}
[[Category:武蔵国の人物]]
[[Category:1818年生]]
[[Category:1885不明]]