「ニホンヤモリ」の版間の差分

呼吸法
(脚注の不足に差し替え)
(呼吸法)
 
== 生態 ==
主に民家やその周辺に生息する。都市部では個体数が多く郊外では少なくなり、少なくとも日本では原生林には生息しない。食性は動物食で、[[昆虫]]や[[クモ]]、[[ワラジムシ]]などの陸生の[[節足動物]]を食べている。天敵はネコなどの[[哺乳類]]のほか、[[鳥類]]や[[ヘビ]]をはじめとする[[爬虫類]]である。[[夜行性]]で、昼間は壁の隙間などで休む。獲物目当てに灯火の周りに現れることが多く、驚くと壁の隙間などの狭い場所へ逃げ込む。[[ニホントカゲ]]や[[ニホンカナヘビ]]と同様、驚いたり敵に捕まりそうになると尾を[[自切]]することがある。切れた尾は分離後10分程度くねくねと動いたり跳ねたりするなど、非常に複雑な動きをする。尾は再生されるものの完全に元の状態に戻るわけではなく、元の尾と再生尾とでは視認できる程度の違いがある。冬になると、壁の隙間や縁の下などへ潜んで[[冬眠]]する。肺呼吸
 
繁殖形態は卵生で、5月から9月にかけて1-3回に分けて1度に2個ずつの粘着質に覆われた卵を木や壁面に産みつける。卵は1か月半から2か月程度で孵化する。
匿名利用者