「サワガニ」の版間の差分

m
sname テンプレートの補完、体裁の調整
(→‎特徴: 腹脚→腹肢、リンク追加)
m (sname テンプレートの補完、体裁の調整)
タグ: 2017年版ソースエディター
{{otheruses|カニの一種|このペンネームを持つイラストレーター|兎塚エイジ}}
{{生物分類表
|色 = 動物界
|名称 = サワガニ
|画像 = [[File:Geothelphusa dehaani 01.jpg|240px]]
|画像キャプション=
|界 = [[動物]]界 {{sname||Animalia}}
|門 = [[節足動物]]門 {{sname||Arthropoda}}
|亜門 = [[甲殻類|甲殻亜門]] {{sname||Crustacea}}
|綱 = エビ綱(軟甲綱) {{sname||Malacostraca}}
|目 = [[エビ|エビ目(十脚目)]] {{sname||Decapoda}}
|亜目 =エビ亜目 Pleocyemata<br>([[抱卵亜目]](エビ亜目) {{sname||Pleocyemata}}
|下目 = [[カニ]]下目 {{sname||Brachyura}}
|上科 = サワガニ上科 [[w:Potamoidea{{sname||Potamoidea]]}}
|科 = サワガニ科 {{sname||Potamidae}}
|属 = サワガニ属 ''[[Geothe]]lphusa''<br>{{snamei||Geothelphusa}} {{AUY|[[ウィリアム・スティンプソン|Stimpson]], [[1858年|1858]]}}
|種 = サワガニ ''{{snamei|G. dehaani''}}
|学名 = ''Geothelphusa dehaani'' (White, {{AUY|[[1847年:en:Adam White (zoologist)|1847White]])|1847}}
|英名 = Japanese Freshwater Crab
}} <!-- このテンプレートは、PJ:BIOでの議論に基づき、Bot(User:Point136)により移行されました。 -->
 
'''サワガニ'''(沢蟹)''、学名:{{snamei|Geothelphusa dehaani'' }})は、エビ目(十脚目)・カニ下目・サワガニ科に分類される[[カニ]]の一種。[[日本]][[固有種]]で、一生を淡水域で過ごす純淡水性の[[カニ]]である。学名の種名"'' {{snamei|dehaani''"}} は、日本の甲殻類分類に功績があった[[オランダ]]の[[動物学]]者[[ウィレム・デ・ハーン]]に対する[[献名]]となっている。
 
== 分布 ==
 
; ウェステルマン肺吸虫症
: [[ウェステルマン肺吸虫]] (''{{snamei|Paragonimus westermani'',}} {{AUY|Kerbert, [[1878年|1878]]}}) が原因。成虫は肺に寄生し、血痰と胸部異常陰影が特徴。確定診断には血痰あるいは糞便から虫卵の検出。[[モクズガニ]]も中間宿主。
; 宮崎肺吸虫症
: [[宮崎肺吸虫]] (''{{snamei|P.miyazakii''}}) が原因。幼虫は腸壁を突き破って、胸腔あるいは皮下まで移動するが、肺まで到達できない。胸膜炎、自然気胸、皮下腫瘤、好酸球増多などの症状がみられる。虫卵を検出することができないので、血中抗体測定法で診断。
 
== 近縁種 ==
[[トカラ列島]]以南の[[南西諸島]]にはサワガニは分布しないが、近縁種が多数分布する。これらは孤立した島嶼や[[半島]]部で独自の種分化を遂げたものと考えられているが、同時に分布が局地的で、ほとんどの種類が[[絶滅危惧種]]となっている。また、近縁の淡水性カニは、[[マダガスカル]]島<ref>[http://ci.nii.ac.jp/naid/110004311812/ マダガスカル産サワガニの 1 新属と 2 新種 Skelosophusa (Crustacea, Decapoda, Brachyura), a New Genus of Potamonautid Freshwater Crab from Madagascar, with Descriptions of Two New Species] Bulletin of the National Science Museum. Series A, Zoology 20(4) pp.161-172 1994122</ref>や、[[フィリピン]]<ref>[http://ci.nii.ac.jp/naid/110004311779/ フィリピン産サワガニ類 : I. サワガニ科 The Freshwater Crab Fauna (Crustacea, Brachyura) of the Philippines : I. The Family Potamidae ORTMANN, 189] Bulletin of the National Science Museum. Series A, Zoology 18(4) pp.149-166 19921222</ref>などの日本国外にも分布する。
 
;ミカゲサワガニ ''{{snamei|G. exigua''}} {{AUY|Suzuki et Tsuda, [[1994年|1994]]}}
:[[大隅半島]]の固有種。環境省レッドリスト準絶滅危惧(2019年)<ref name="redlist2019">{{cite press release
| title = 環境省レッドリスト2019の公表について
| date = 2019-01-24
}}</ref>。
;ヤクシマサワガニ ''{{snamei|G. marmorata''}} {{AUY|Suzuki et Okano, [[2000年|2000]]}}
:和名のとおり[[屋久島]]の固有種。[[鹿児島大学]][[水産学部]]・鈴木広志の研究グループによって発見され、2000年4月に新種と認められた。
;サカモトサワガニ ''{{snamei|G. sakamotoana''}} ({{AUY|Rathbun, [[1905年|1905]]}})
:甲幅40mmほどでサワガニより大きく、歩脚も長い。[[奄美大島]]、[[徳之島]]、[[沖縄本島]]に分布する。環境省レッドリスト準絶滅危惧(2000年)<ref name="redlist2019" />。
;トカシキオオサワガニ ''{{snamei|G. levicervix''}}
:環境省レッドリスト絶滅危惧I類(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;オキナワオオサワガニ ''{{snamei|G. grandiovata''}}
:環境省レッドリスト絶滅危惧II類(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;イヘヤオオサワガニ ''{{snamei|G. iheya''}}
:環境省レッドリスト絶滅危惧II類(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;クメジマオオサワガニ ''{{snamei|G. kumejima''}}
:環境省レッドリスト絶滅危惧II類(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;ケラマサワガニ ''{{snamei|G. amagui''}}
:環境省レッドリスト絶滅危惧II類(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;カッショクサワガニ ''{{snamei|G. marginata fulva''}}
:環境省レッドリスト準絶滅危惧(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;ムラサキサワガニ ''{{snamei|G. marginata marginata''}}
:環境省レッドリスト準絶滅危惧(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;ミネイサワガニ ''{{snamei|G. minei''}}
:環境省レッドリスト準絶滅危惧(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;リュウキュウサワガニ ''{{snamei|G. obtusipes''}}
:環境省レッドリスト準絶滅危惧(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;アラモトサワガニ ''{{snamei|G. aramotoi''}} {{AUY|Minei, [[1973年|1973]]}}
:甲幅30mmほど。甲羅がザラザラしており、歩脚にも毛がある。沖縄本島の固有種、環境省レッドリスト絶滅危惧II類(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;ヒメユリサワガニ ''{{snamei|G. tenuimana''}} ({{AUY|[[三宅貞祥|Miyake]] et Minei, [[1965年|1965]])}}
:甲幅40mmほど。サカモトサワガニよりもさらに歩脚が細長い。また、他のサワガニ類に比べて乾燥したところを好む。沖縄本島の固有種だが、環境省レッドリスト絶滅危惧I類(2019年)に指定されており<ref name="redlist2019" />、日本のカニ類の中でも特に絶滅が危ぶまれる種類とされている。国内希少野生動植物種。
;ミヤコサワガニ ''{{snamei|G. miyakoensis''}} {{AUY|Shokita, Naruse & Fujii, [[2002年|2002]]}}
:甲幅30mmほど。宮古列島の固有種。環境省レッドリスト絶滅危惧I類(2019年)<ref name="redlist2019" />、国内希少野生動植物種、沖縄県指定天然記念物<ref>{{cite news
| title = ミヤコサワガニを指定/政府、希少野生動物種に
| date = 2016-12-15
}}</ref>。
;[[センカクサワガニ]] ''{{snamei|G. shokitai''}} {{AUY|Shy & Ng, [[1998年|1998]]}}
:尖閣諸島魚釣島の固有種。環境省レッドリスト絶滅危惧I類(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;タイワンサワガニ ''{{snamei|G. candidiensis''}} {{AUY|Bott, [[1967年|1967]]}}
:甲幅2cmほどの小型種。和名のとおり[[台湾]]に分布する。
;カクレサワガニ ''{{snamei|Amamiku occulta''}}
:環境省レッドリスト絶滅危惧I類(2019年)<ref name="redlist2019" />。
;ヤエヤマヤマガニ ''{{snamei|Ryukyum yaeyamense''}} ({{AUY|Minei, |1973)}}
:石垣島、西表島の山間部の陸域に生息し、放卵期に湿地や水辺に集まる<ref>Peter K. L. Ng, 諸喜田 茂充、「[https://doi.org/10.18353/crustacea.24.0_1 琉球列島産陸生サワガニの新属(Ryukyum)]』 『Crustacean research』 1995年 24巻 p.1-7, {{DOI|10.18353/crustacea.24.0_1}}, 日本甲殻類学会</ref>。環境省レッドリスト準絶滅危惧(2019年)<ref name="redlist2019" />。
 
 
== 脚注 ==
{{reflist|30em}}
 
== 関連項目 ==
490

回編集