「アーヌンド・ヤーコブ」の版間の差分

→‎後継者問題: 他記事との整合性をつけるため加筆。
(→‎後継者問題: 他記事との整合性をつけるため加筆。)
 
=== 後継者問題 ===
アーヌンドは[[ハーコン・シグルザルソン|ホーコン・シグルツソン]]の孫娘グンヒルドと結婚したが、2人の間になかった。そしてアーヌンドは子を残さず1050年に死んだ。死後去し、王位は庶兄にあたる[[エームンド (スウェーデン王)|エームンド]]が継いだ。娘ギーダはデンマーク王[[スヴェン2世 (デンマーク王)|スヴェン2世]]と結婚した。そしてギーダの死後、グンヒルドがスヴェン2世の2度目の妃となったとされている<ref>Sven Axelson (1955), Sverige i utländsk annalistik 900-1400. Stockholm: Appelbergs, p. 55.</ref>
 
== 即位 ==