「カル・ペチ」の版間の差分

行政区画の変更
(+1画像。ヘルプ。仮リンク。など。)
(行政区画の変更)
[[ファイル:Cahal Pech Jul 10 2015 49.jpg|thumb|300px|カル・ペチ(中央の中庭)]]
'''カル・ペチ'''(Cahal Pech)は、[[ベリーズ]]の[[カヨ]]{{仮リンク|サン・イグナシオ|en|San Ignacio (Belice)}}という町の近くにある[[マヤ文明]]の遺跡。マヤの上流階級の家族が住んでいた邸宅の遺跡であり、主要な建物は[[古典期]]に建てられたものだが、紀元前900年ごろ([[先古典期]]中期)から継続的に住んでいた証拠が見つかっており、ベリーズ西部では最も古い遺跡の1つとされている<ref>Awe ''et al.'' (1990)</ref>。{{仮リンク|マカル川|en|Macal River}}の土手の上にあり、34の建築物が集まっていて、最も高い建物は約25メートルの高さである。紀元9世紀ごろ放棄されたが、その原因はわかっていない。
 
カル・ペチ (''Cahal Pech'') とは「ダニの土地」を意味し、1950年代に牧草地だったこの場所で発掘を開始した際に名付けられた。現在は考古学的な公園となっており、継続して発掘も行われていて、出土品を収蔵した小さな博物館もある。
{{DEFAULTSORT:かるへち}}
[[Category:ベリーズのマヤ遺跡]]
[[Category:カヨ郡]]
{{Central-america-stub}}