「ACSプログレスル・エゼリシュ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
ルーマニア・リーガ3に参加するクラブのほとんどはプロチームであり、中には過去にヨーロッパの舞台で戦ったような古豪が存在する。4部リーグの時とは比べ物にならない程の予算・戦力・経験値を持ったチームと、エゼリシュのような出来て間もない村クラブが対等に戦うのは大きなチャレンジだった。
 
 
 
== 新型コロナウイルスの影響 ==
=== クラウドファンディングに挑戦 ===
コロナ禍の中、メインスポンサーに手を挙げてくれるルーマニア国内の企業・団体は少なく、当時のオーナーから「日本でスポンサーを探すことは可能か」という打診を受け、クラブ史上初のクラウドファンディングを所属選手である [[川越武典|Takenori Kawagoe (川越武典)]] を通して日本で始めることになる。※このクラウドファンディングは日本国内、ルーマニア国内でも大きな話題を呼び目標の100万円に到達した。
 
 
 
新オーナー就任
前オーナーから板東隼平氏に対してクラブ買収に関する打診があり交渉の末、2021年2月27日、板東隼平が「ACS Progresul Ezeris」の保有権の100%を取得しクラブオーナーになる。
 
20/21シーズンのLIGA3はなんとか9位に滑り込み、4部チームとのプレーオフに挑み、1st legを敵地で迎え1−1で引き分けて、迎えた2nd legホームでの久しぶりの観客入りの試合で3−0とし2試合合計4−1で勝利し無事残留を果たす。
 
== 脚注 ==
20/21シーズンのLIGA3はなんとか9位に滑り込み、4部チームとのプレーオフに挑み、1st legを敵地で迎え1−1で引き分けて、迎えた2nd legホームでの久しぶりの観客入りの試合で3−0とし2試合合計4−1で勝利し無事残留を果たす。
{{脚注ヘルプ}}
=== 註釈 ===
{{Reflist|group="注釈"}}
=== 出典 ===
{{Reflist}}
== 参考文献 ==
{{empty section|date=2021年5月}}
== 関連項目 ==
{{empty section|date=2021年5月}}
== 外部リンク ==
{{Authority control}}{{stub}}
 
{{デフォルトソート:}}
[[Category:ルーマニアのサッカークラブ]]
[[Category:2015年設立のスポーツチーム]]
358

回編集