「KEEP oN.」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
本作のプロデュースを手掛けたのは[[西寺郷太]] ([[ノーナ・リーヴス|NONA REEVES]]) とcorin.による"にしこりコンビ"である。2人はV6の2011年のシングル「[[Sexy.Honey.Bunny!]]」制作時に出会い、翌年リリースのシングル「[[バリバリBUDDY!]]」のカップリング曲「POISON PEACH」の制作も共にしている。これら2曲によってV6メンバーとの信頼を築いた2人に2012年1月末、再び曲作りが依頼された{{Sfn|鳴田麻未|2012|p=1}}。
 
デビューから17年、当時のV6は個人での活動が多く、グループとして何をすべきか葛藤、模索していた時期だった。メンバーはグループで面白いことをしたいと考え<ref>{{Cite journal|和書|title=V6 ANNIVERSARY YEAR あの日の僕らは―|date=2015年7月7日-07-07 |publisher=[[KADOKAWA]]|journal=シュシュアリス|issue=vol.7 平成27年8月20日号増刊号|author1=Akiko Izawa|author2=Ruriko Motoshima|author=Chie Yoshino|author4=Tomoka Ishizuka|page=104}}</ref>、[[三宅健]]の「最初は誤解されても、結果的に虜にさせるような、新しいことに挑戦したい」という一言から<ref>{{Cite journal|和書|title=V6 20周年の主張|date=2015年7月-07-29 |publisher=[[KADOKAWA]]|journal=[[別冊カドカワ]] DIRECT|issue=カドカワムックNo.598|page=18|author1=堀江純子|author2=伊沢晶子|author3=本嶋るり子|author4=川倉由起子|author5=森祐美子|author6=酒寄美智子}}</ref>、本作の5月にわたる制作が始まった{{Sfn|鳴田麻未|2012|p=1}}。
 
== 制作 ==
 
== リリース ==
楽曲は2012年7月18日から[[ドワンゴ|dowango.jp]]で[[着うた]]先行配信された<ref>{{Cite news|title=V6、新曲「kEEP oN.」着うたをdwangoで独占先行配信|url=https://www.musicman-net.com/artist/17635|newspaper=Musicman-NET|date=2012年7月18日|accessdate=2018年2月22日}}</ref>。8月8日リリースのCDは初回生産限定〈kEEP oN.盤〉、初回生産限定〈キーポン盤〉、通常盤の3形態で発売。〈kEEP oN.盤〉には表題曲の[[ミュージックビデオ]]とメイキングに加え、振付け映像を収録したDVDが付属。〈キーポン盤〉には『キーポンV6』と題したバラエティ番組のDVDが同梱される<ref name="natalie=120701"/>。いずれの形態も初回出荷分に、全7種の[[携帯電話]]待ち受け画像をダウンロード可能な[[シリアル番号|シリアルコード]]が付属した<ref name=stamemo120700/>。[[ディスクジャケット|ジャケット写真]]は[[CG]]撮影されたものでなく、小道具の実物を合成で重ねた作り。通常盤はキメて、初回生産限定盤2種はハズしたメンバーの写真が使用されている<ref name=stamemo120700>{{Cite web|title=STAFF MEMO 2012年7月 (3)|url=https://avex.jp/v6/staff_memo/2012/07/|work=V6 Official Website|date=2012年7月-07|accessdate=2018年2月-02-22}}</ref>。
 
「kEEP oN.」は、井ノ原が出演するテレビドラマ『[[警視庁捜査一課9係]] Season7』の主題歌に起用された<ref name="natalie=120701"/>。カップリング曲には、ミドル[[バラード]]の「'''愛をこめて'''」(全形態共通) や「'''一生で最後の恋'''」(通常盤のみ) のほか、"完璧な女性"に翻弄される男たちを描く[[ディスコ (音楽)|クラブ]]テイストの楽曲「'''Perfect Lady'''」(通常盤のみ) が収録される<ref name=stamemo120700/>。
 
== 批評 ==
CDジャーナルにて南波一海は、V6のターニングポイントとなった38thシングル「[[Sexy.Honey.Bunny!]]」、39thシングル「[[バリバリBUDDY!]]」の流れを汲んだ40thシングルである本作を、「シリアスでありながらとびきりユーモアが利い」ている曲と紹介。めまぐるしい転調を"一大スペクタクル"としてまとめあげた点、曲とメンバーが互いのポテンシャルを引き出し合っている点を評価した。また突然のミュージカルパートや曲の最後にある井ノ原の歌唱パートを挙げて、その構成を「トゥーマッチにして至高」と評している<ref>{{Cite journal|和書|title=V6 ORIGINAL SINGLE GUIDE|date=2013-3-1|publisher=[[音楽出版社 (企業)|音楽出版社]]|journal=[[CDジャーナル]]|issue=2013年3月号|author=南波一海|page=20}}</ref>。同じくCDジャーナルによると、曲の始まりは穏やかだが「Let' kEEP oN!」の掛け声とともに、[[ヒップホップ]]やファンク、ミュージカルへ転調する「怒涛の展開に度肝を抜かれる」とした<ref>{{Cite web|title=V6 / Oh! My! Goodness! <nowiki>[デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]</nowiki>|url=http://artist.cdjournal.com/d/oh-my-goodness/4112122074|work=[[CCDジャーナル|CDJournal]]|date=|accessdate=2018年2月22日}}</ref>{{Refnest|group=注|坂本によると、坂本の歌唱部分は「ミュージカルパート」と認識されることが多いが実際には「オペラパート」である{{Sfn|KIYOKO NEGISHI|2012|p=112}}。[[#構成]]も参照。}}。ほかに[[サイゾー]]のレビューでは、2013年のアルバム『[[Oh! My! Goodness!]]』に最後の曲{{Refnest|group=注|アルバムの最後に収録されている曲だがラストトラックではない。}}として収録された本作について、「その狂ったように目まぐるしい展開がいちばんの聴きどころ」であり、この"怪作"がグループの飛躍につながったと述べている<ref>{{Cite book|和書|title=大人アイドル プロフェッショナルとしてのV6論|date=2016年1月27日|publisher=[[サイゾー]]|editor=斎藤岬|page=168-171|charpter=album review『Oh! My! Goodness!』|author=相沢直,[[磯部涼]],[[小倉広]],[[切通理作]],[[戸部田誠]],[[トミヤマユキコ]],[[西森路代]],前田愛実,[[矢野利裕]]|isbn=978-4-904209-91-2}}</ref>。
 
== 収録曲 ==
:* [[コーラス (ポピュラー音楽)|バッキング・ボーカル]] – corim,、西寺郷太、小松シゲル、奥田健介、村田シゲ
:* アディショナル・コーラス – Ko-saku
:
 
; 愛をこめて
:* [[インストルメンタル]] & プログラミング – [[鈴木雅也]]
:* コーラス – Ko-saku
:
 
; Perfect Lady
:* インストルメンタル & プログラミング – Paul Rein
:* コーラス – 竹内浩明
:
 
; 一生で最後の恋
:* プログラミング – [[石塚知生]]
=== 出典 ===
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
* {{Cite web|ref={{Sfnref|鳴田麻未|2012}}|title=V6「kEEP oN.」西寺郷太&corin. インタビュー 6人と6分6秒の旅に出よう (1/4)|url=https://natalie.mu/music/pp/v6|work=[[音楽ナタリー]]|publisher=ナターシャ|author=鳴田麻未|date=2012年8月8日|accessdate=2018年2月22日|pages=1-4}} [https://natalie.mu/music/pp/v6/page/2 (2/4)]、[https://natalie.mu/music/pp/v6/page/3 (3/4)]、[https://natalie.mu/music/pp/v6/page/4 (4/4)]
* {{Cite journal|和書|ref=harv|title=V6 Keep on Smiling!! (坂本昌行×三宅健)|date=2012年8月7日|publisher=[[学研プラス]]|journal=POTATO|issue=2012年09月号|pages=111-113|author=KIYOKO NEGISHI}}
* {{Cite journal|和書|ref=harv|title=FEATURED ARTIST - V6|date=2013年3月1日|publisher=[[音楽出版社 (企業)|音楽出版社]]|journal=[[CDジャーナル]]|issue=2013年3月号|author=[[南波一海]]|pages=6-17}}
 
== 外部リンク ==
 
{{V6}}
{{DEFAULTSORT:きいふおん}}
 
{{DEFAULTSORT:きいふおん}}
[[Category:V6の楽曲]]
[[Category:2012年のシングル]]