「ミルベンケーゼ」の版間の差分

m
sname, lang テンプレートの補完
m (sname, lang テンプレートの補完)
タグ: 2017年版ソースエディター
[[ファイル:Milbekéis.jpg|thumb|熟成途中のミルベンケーゼ]]
'''ミルベンケーゼ'''([[ドイツ語{{lang|de|独]]:'''Milbenkäse'''. }}、「ダニチーズ」の意、Milben=<ref>{{lang|de|Milben}}=ダニ、Käse={{lang|de|Käse}}=チーズ</ref>)は、[[ドイツ]]特産の[[ダニ]]入り[[チーズ]]である。現在では、[[ザクセン=アンハルト州]]の{{仮リンク|ヴュルヒヴィッツ|en|Würchwitz}}村だけで生産されている。この地方の方言では、'''メルンカーゼ'''({{lang|de|Mellnkase}})と呼ばれる。
 
[[ファイル:Käsemilben-Denkmal.jpg|thumb|right|ヴュルヒヴィッツ村のダニチーズの記念碑]]このチーズの伝統は[[中世]]初期までに遡るが、1970年ごろにはすでに老齢のリースベト・ブラウアー(Liesbeth({{lang|de|Liesbeth Brauer)Brauer}})ひとりがその製法を知るのみで、殆ど失われかけていた。この地域の科学教師ヘルムート・ペッシェル(Helmut({{lang|de|Helmut Pöschel)Pöschel}})は、彼女から正しい作り方を習い、仲間のクリスティアン・シュメルツァー(Christian({{lang|de|Christian Schmelzer)Schmelzer}})と共にこのチーズの伝統を蘇らせ、製造販売を開始した。
 
ヴュルヒヴィッツには、現在、ミルベンケーゼ生産の再生を祝う記念碑が建てられているが、この碑の背面は空洞で、通行人や観光客が食べられるように、ここに定期的にミルベンケーゼが補充されている。
[[ファイル:Milbenkäse02.jpg|thumb|left|円柱状のミルベンケーゼ]]
[[ファイル:Kaesekiste01.jpg|thumb|チーズの入った熟成用木箱<ref>ファイルの解説によると使われているダニは[[ケナガコナダニ]]である。</ref>]]
脂肪分が少ない[[クワルク]](熟成させないフレッシュチーズの一種)を脱水して数日間乾燥させ、塩と[[キャラウェイ]]で風味を付け、小さなボールまたは円柱の形に成形する。前者の場合には、中に[[ニワトコ属|ニワトコ]]の花を入れ、[[花柄|花の柄]]を外に出して[[セイヨウナシ]]のような形状とするが、これはダニをクワルクの内部へ万遍なく入り込ませるための工夫である。成形したクワルクを乾燥させてからライ麦粉の入った木製の箱に入れ、最低1ヶ月から3ヶ月間、チーズダニ (''{{snamei|Tyroglyphus casei''}}) に住まわせるようする。ダニの消化管液がチーズ全体に広がり、液の成分である酵素が[[発酵]]を促進させる。ダニの好物であるライ麦粉を加える理由は、ダニが好き放題に丸ごとチーズを食べてしまうことを避け、少しずつかじっていくように調節するためである。1ヶ月後にチーズの外皮は黄色くなり、3ヶ月後には赤茶色になる。チーズが黒くなるまで、1年ほど寝かす生産者もいる。
 
完成したミルベンケーゼは日持ちがよく、数年以上の保存に耐える。味は[[ハルツァー]](ドイツ・[[ハルツ山地]]の酸乳チーズ)に近いといわれているが、やや苦味があり(年月と共に増す)、独特の風味の後味がある。香りにはアンモニアに似た臭気が含まれる。外皮についているダニもそのまま一緒に食される。
 
== 衛生と健康 ==
ミルベンケーゼの販売は、法的にはグレーゾーンにある。[[EU]] の規則(EC({{lang|en|EC Reg. 178/2002 Article 2(b)}})は、「食用品市場に置かれる準備が整っている」場合に、動物が生息している食料品の販売を認めている<ref>[http://eur-lex.europa.eu/LexUriServ/LexUriServ.do?uri=CELEX:32002R0178:EN:HTML Article 2(b) at eur-lex.europa.eu]</ref>。一方で、ドイツの食品添加物認可令とチーズ令 ({{lang|de|Zusatzstoff-Zulassungsverordnung}} andおよび {{lang|de|Käseverordnung}}) は、チーズダニとその消化管液を、チーズの添加物としてはっきりとは認めていない。ミルベンケーゼはこの地方の食品衛生局の許可を得て生産されており、この製品の[[HACCP]]が施行されている。
 
ミルベンケーゼは消化に良いと言われており、また[[チリダニ]]による[[ハウスダスト|ハウスダストアレルギー]]をやわらげるとも言われているが、(この食品の珍しさやデータの少なさ故に)いまだ充分な研究がなされていない。
 
== 脚注 ==
{{reflistReflist}}
{{Commonscat|Milbenkäse}}
{{デフォルトソート:みるけんへえせ}}
479

回編集