「モノカルチャー」の版間の差分

({{庭と庭園、園芸とガーデニング}})
[[File:Sugar cane 2.JPG|thumb|広大な[[サトウキビ]]の[[プランテーション]]([[インド]])]]
 
モノカルチャーの農業形態は、[[植民地]]化された土地で、支配国で需要の高い農作物を集中的に生産させた事([[プランテーション]])が始まりである。例えば、[[オランダ領東インド]](現在の[[インドネシア]])における商品作物の強制栽培制度が挙げられる。これにより、支配国は効率良く、支配国が欲する農作物を得ることができた。代表的な作物に[[サトウキビ]]、[[パラゴムノキ|天然ゴム]]、[[チャノキ|紅茶の茶葉]]、[[カカオ]]、[[コーヒー豆]]などがある。多くは主食たりえないものであり、農地は商品作物の栽培工場と化し、現地住民は商品生産の労働力として経済の中に組み込まれて食糧の自給能力を失った。これが[[飢餓]]の発生原因の1つともなった<ref>[[人口爆発]]、過放牧や気候変動による[[沙漠化]]、不適切な灌漑に伴う土壌への[[塩類集積]]など、他にも飢餓の発生原因は存在する。ただし、例えばアフリカで古くは行われていた、旱魃に備えるために、通常食にしていた食物以外に、同じ畑で乾燥に強い作物も栽培していたといった農法が、植民地化によるプランテーションによって破壊されたといった側面もある。</ref>。
 
また、特定の産業に力を入れたために、それ以外の産業が発達しなかった。多くの旧植民地は独立後、様々な産業を発達させる努力をしているものの、そのために必要な資金を得るために植民地時代の輸出品に頼らないといけない国もあり、モノカルチャーへの依存から脱却できていないことが多い。
一方で、モノカルチャー経済と呼ばれる国家においては、そもそも輸出用作物の経済に占める割合が少なく、大半は自給用作物の生産であって、ただ経済が弱体で他に輸出品目が無く、輸出作物が1品目に片寄っているために、見かけ上モノカルチャー化しているように見えるだけの場合もあるとの指摘がなされている<ref>「図説アフリカ経済」(平野克己著、日本評論社、2002年)p32-33</ref>。
 
この他、[[1944年]]に[[メキシコ]]で実施された[[緑の革命]]もモノカルチャーである。大量の作物を生産する事が出来るので、食糧増産ができると見込まれたのであった。ここで栽培されたのは、[[トウモロコシ]]などの[[穀物]]である。しかし、短期的には収量の増加が達成できても、[[持続可能な農業|持続可能な農法]]ではなかった。
 
== メリット ==