「利用者‐会話:Jacques cloche」の版間の差分

→‎投稿ブロックのお知らせ: 引き続きコメント
m
タグ: メディア追加 メディア除去
(→‎投稿ブロックのお知らせ: 引き続きコメント)
::ともあれ、私の見解では、多重アカウントに関しては一応十分な情報開示はして頂いたと思いますし、それに関しては十分反省もしておられると考えますので多重アカウントについての追求はこれくらいにしておきます。--[[利用者:Loasa|Loasa]]([[利用者‐会話:Loasa|会話]]) 2021年4月30日 (金) 09:47 (UTC)
:::こうして説明の機会を与えて頂き、感謝します。確かに、「ずっこんばっこんどっぴゅんぴゅん」に関しては、おっしゃる通りの手順で凍結させるのがベストでした。ただ、当時の私はその方法―ひいては、多重アカウントのルール自体の認識がジミー・ウェルズの言葉が掲載されていたバージョンで止まっていた―を知らず、とんだお荷物を作ってくれたものだと独言を零すくらいしかできませんでした。「K.ラレテイ」の編集の件に関しては、今考えれば悪手です。この件に関してもう少し詳述を試みるならば、パキスタンの言語で言うところの"نا پسندیدہ شخص"ともいうべき人物(仮に「パキ氏」とします。)が、我々の集いの中に混じっておりました。私は彼に声をかけなかったのですが、別の人が声をかけてしまったということです。なので、集まりを適当に切り上げようとしましたが、その矢先に、私がステイ・ホーム中に一人で百科事典を作っているという不正確な伝聞情報に基づく話が展開し、パキ氏が主導して、(パキ氏の頭の中ではおそらく下ネタ的な)百科事典を見せろという話になりました。とりあえず、当方としてはその伝聞情報を誰からどのように聞いたかというのを質した上で、先日「駑儽亹」でデモンストレーションをしたWikipediaの事だと分かったので、その話をかいつまんで話し、とりあえず「見せろ」と言われる百科事典の実態としてのWikipediaを見せました。パキ氏の知りたい情報も検索して見せて、このWikipediaがどういうものかを説明してとっとと帰ってもらおうとしたのですが、アカウントを取ればだれでも編集できる事典と理解したらしいパキ氏は、自分にもアカウントを取ってやらせろと言い出しました。当方としては、この人にパソコンを触らせるのを何としても回避したかったのですが、適当にあしらえばあしらったで面倒なことになるし、かといって彼の要求を呑むと何をするかわからないので、咄嗟の判断で彼の提案するアカウント名の代替案として「ずっこんばっこんどっぴゅんぴゅん」を提案し、そのアカウントを作る振りをして、「ずっこんばっこんどっぴゅんぴゅん」のアカウントにログインしました。ログインしたらしたで、パキ氏が「じゃ、さわらせてくれ」というので、それを宥めつつ、このアカウントを使う意味を「K.ラレテイ」の記事を編集してその編集履歴を見せることで、説明をしたというわけです。すなわち、「ずっこんばっこんどっぴゅんぴゅん」を編集に使えば、これこのように「ずっこんばっこんどっぴゅんぴゅん」の名前が編集履歴にずっと残ること。そして、いろんなところを編集して回れば、その都度この名前が残り、これはWikipediaが消滅するまでずっと消せないということ。さらに、このような卑猥な名前を使い続ければ、軽犯罪法に擬えられていちゃもんが付きかねないこと、奥さんにこんな名前のアカウントを使って好き放題やっているのがバレたらどうなるか…等と説明をし、「ずっこんばっこんどっぴゅんぴゅん」(というかその系列のネーミングによるアカウント)の「使用」を断念させたのでした。いずれこのようなカウントは「天罰みたいなのが下るだろう」と当方で「予言」して再封印しましたので、これはその通りになったとも言えます。当時の私は、パキ氏をなんとか乗り切ったことで、ただただ安堵していました。しかし、私が立項した記事とはいえ、このような形で「ずっこんばっこんどっぴゅんぴゅん」が残ることは、真剣に記事を発展させる人の気を削ぐかもしれない、小さくない傷です。そして、今の私にとっては、どうにも解決できない悔いです。--[[利用者:Jacques cloche|ミスター・ジャック]]([[利用者‐会話:Jacques cloche|会話]]) 2021年5月1日 (土) 14:59 (UTC)
 
::{{コメント}}コメントがたいへん遅くなりまして申し訳ありません。引続き(6)〜(8)の回答についてのコメントです。
::本来なら Jacques cloche さんのブロック理由である、「不正な多重アカウントの利用」については、情報の開示とご本人の反省が十分に行われたと考えられるので、そのまま解除に同意したいところですが、今迄の利用者ページでのクレームや、今回のさまざまな回答から見ると単純に解除に同意とは言えない部分が見受けられます。たしかに二度と「不正な多重アカウントの利用」をされることはないと信じますが、根本的な部分で再度クレームや問題を起しかねないと感じられるため、それについてコメントいたします。そして最後に最終的な質問(というより確認)をさせていただき、最終的な結論を出したいと思います。かなり厳しいことを申し上げますが、ご自分の根本的な問題点としてご理解いただきたいと思います。
::総体的に言えば、自分勝手な判断で行動し、それを指摘されても改められない、という点が目立ちます。多重アカウントに関して「こうした編集をした背景として、多重投票や多数者を偽装しているわけでもなく、記事の論旨を変更するようなことをしていないから大丈夫だろうという認識の甘さがあったことは否めません。」と述べておられますが、多重アカウント以外の面でも認識の甘さが目立ちます。
::(6)〜(9)の回答を拝見しても、なんと言うか、どうもいろいろと基本的な部分で勘違いしている、そして、なにか意識がズレているという感じをずっと抱いています。こういう理解状態でも、あなたがこれまで多重アカウントを除いて問題を起こさなかったのは管理系にまったくといってよいほど出入りしていなかったためだと思います。削除依頼にせよ何らかの管理系の議論に熱心な人であれば、とうの昔に何回もブロックされていたであろう、という感じがします。
::(A):名なしリンクは完全な欠陥情報であり、出典を付けたことにはなりません。{{tl|Cite web}}が苦手なら別に使う必要はありません。しかし、テンプレートを使わなくても
::<code><nowiki>[リンク先URL リンク先ページタイトル], ページ執筆者, ページ作成日, サイト名,サイト運営者,閲覧日</nowiki></code>
::という形に情報を書き並べることで、出典提示したことになります。{{tl|Cite web}}を使わないのならこのような形で出典提示してください。
::(B):「それが本当に翻訳記事か否かを問題とせず、初稿の時点で外国語版リンクを貼るという行為自体で違反として取り締まるべきという罰則が成立しつつある」そんな話はありません。要約欄に外国語版へのリンクをつければボットがウイキデータに書き込んでくれる、というのはボットの仕様を悪用していると言われても仕方が無いような行為なのです。ボットの目的はあくまで、ウイキデータのデータが存在し、かつその記事が書かれているにもかかわらずウイキデータにない言語の記事を見つけてデータに書き加えることです。ボットは記事の内容を読んでデータにアップできるわけではないので、翻訳記事であれば翻訳元と同じデータと見做して間違いないだろう、という判断で要約欄の外国語リンクがあればデータに加える、という仕様になっているのです。したがって、翻訳記事でもない記事に外国語のリンクを入れるのはボットの仕様を悪用していると言われても仕方無い行為です。極端に言えば、外国語版のまったく関係ない内容の記事にリンクしたとしても、ボットはその無関係な記事のデータとして扱ってしまうのです。ですからあなたのやり方は、たとえ悪意がなくても、また結果としてあなたの目的通りになっているとしても、ボットを欺いているに均しい行為です。
::本文の最後にたとえば、<code><nowiki>[[ru:Массиа-и-Пратс]]</nowiki></code>のような形でどこかの外国語坂へのリンクを一つ貼っておけば、欄外の他言語版の下に[[:ru:Массиа-и-Пратс|Массиа-и-Пратс]]へのリンクが作られます。この形でも放置しておけばボットがウイキデータへのリンクに置き換えてくれます。例として[https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B1%E3%83%93%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%86%E3%82%A4&action=history ケビ・ラレテイの履歴]を見ればわかるように、こちらでは当初から要約欄に外国語版へのリンクはないが、ずっこんばっこんどっぴゅんぴゅん での編集で本文の方にペルシア語版へのインターリンクを貼ったので、ボットがちゃんとウィキデータに置き換えてくれてますね。最初からそういうふうにやればよかったのです。今後は外国語版へのリンクを作りたいときはそのようにしてください。
::(C):「Waybackのテンプレートページでは使用例として「URLのみ指定する場合」の書き方も記載されているので、十分許容される使い方だと思います。」{{tl|Wayback}}や{{tl|Archive.today}}のドキュメントにそんな記載があるとは知りませんでしたが、これは書誌情報の性質から考えて本来許容される形式ではありません。これについてはむしろ{{tl|Wayback}}のドキュメントの欠陥と考えられるので、後ほどテンプレートのノートページで修正を提案するつもりです。とりあえずWaybackなどを使うにしてもこのやり方は好ましくありません。きちんと書誌情報を書いてください。
::(D):
:::{{quote|「本騒動で私の不適切使用としてブロックされたアカウントの墓標のようなものを自分の利用者ページに立てるようなことが必要かと考えます。いずれのアカウントも、私のパソコン以外のところで私と関係なく適切に作られたアカウントであれば、どこでどのような活躍を見せたかわからないアカウントであり、その活躍の可能性をつぶしてしまった責任は私にあると考えます。せめて利用者ページで、これらのアカウントをリンクさせて頂き、今後副アカウントを作る際にはしっかり紐付けることを徹底することで、同じ過ちを犯さぬように自らを戒めることが大事だと考えます。」}}
::これもいささか考えかたがズレている、と感じました。副アカウントの紐づけが必要、という点では正解ですが、その目的は墓標だの自らの戒めだの活躍の可能性をつぶした責任だのといった、感傷的・個人的な理由ではありません。[[WP:SOCKLEGIT|多重アカウント使用が認められる行為]]や、[[WP:BADSOCK|副アカウントの不適切な使用]]や[[WP:ALTACCN|副アカウントの告知]]を読み直して、なぜ紐づけが必要なのか考えてみてください。--[[利用者:Loasa|Loasa]]([[利用者‐会話:Loasa|会話]]) 2021年5月30日 (日) 16:35 (UTC)