「安倍晴明」の版間の差分

== 史実上の人物像 ==
=== 出自 ===
晴明の系譜は明らかでない不詳だが、[[大膳職|大膳大夫]]・[[安倍益材]](あべのますき)<ref name="a">「安倍氏系図」(『続群書類従』巻第170 所収)、『[[尊卑分脈]]』、『諸家知譜拙記』</ref>あるいは[[淡路国|淡路]][[国司|守]]・[[安倍春材]]<ref name="b">鈴木真年『百家系図稿』巻5,安倍(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年 による)</ref>の子とされ伝わっている。
 
各種史書では『[[竹取物語]]』にもその名が登場する[[右大臣]][[阿倍御主人]]の子孫とするあり<ref name="a" /><ref name="b" />。ほか、他に、[[阿倍仲麻呂]]の子孫とする[[説話]]<ref>[[江戸時代]]に成立した説話「安倍仲丸転生記」(著者不詳)および[[講談|講談本]]「神道講釈安倍晴明」([[旭堂南陵]]の口演を速記したもの)。</ref>、あるいは、一部の古文書では安倍'''朝臣'''晴明ではなく安倍'''宿禰'''晴明と記載されるもの散見されること、また当時は「[[朝臣]]」を「[[宿禰]]」の上位に厳格に位置づけおり、朝臣姓の子孫が宿禰姓となことは考えにくいことから、阿倍御主人の子孫である安倍朝臣姓の家系ではなく、同じ阿倍氏の一族である難波氏(難波吉士、のち忌寸、宿禰)の末裔ではないかとする説もある。
 
=== 経歴 ===
匿名利用者