「ドゴン族の神話」の版間の差分

 
File:Dogon esculturas.jpg|<div style="text-align:center">ドゴン族の彫像</div>
</gallery>
ドゴン族は共通の祖先と持つとされる「大家族」が最小の集団の単位となっている。その大家族は最年長の男が長となる。ただし長であっても家長権ほどの強大な権力はなく、集団の代表者の性格が強い。で、大家族の運営も他の長老との合議でなされる。かし、祖先を祀る神話の領域では絶対的な上位者となる。特に重要であることは大地の祭祀としての役割であり、他の民族や[[イスラム教徒]]に追いやられてバンディアガラに逃げ込んだドゴン族にとって、この痩せた土地に恵みをもたらす長は必要不可欠のもとされた<ref name="abe_88">[[#阿部1994|阿部(1994)]] p.88.</ref>。これら大家族が集まり、ドゴン族の村を形成される。村の上位のコミュニティとしては、村が集合した「地方」が5つほど存在するが、それより上位の一つにまとまった「国」に当たる存在はドゴン族には存在しない<ref name="abe_88"/>。その各地方はそれぞれ[[ホゴン]]と呼ばれる宗教上の長に指導され、その権威は神話上の祖先から受け継ぐ父系血縁に裏付けられている。
 
<gallery caption="ドゴンの社会">
匿名利用者