「ブードゥー教」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[ファイル:Gbe languages.png|thumb|220px|ヴードゥー教の故地[[ベニン湾]]周辺]]
[[ファイル:VeveOgoun.png|thumb|right|250px|火、鉄、政治、戦争の神格[[オグン]](Ogoun)のシンボル]]
「ブードゥー(あるいは「ヴードゥー」)」という呼び方は英語で、[[ハイチ]]や[[西アフリカ]]では'''ヴォドゥン'''('''Vodun''')と呼び習わされている。ヴォドゥンとは西アフリカの[[フォン語]](Fon)で「[[精霊]]」の意味<ref>{{Cite web|title=第8回「ハイチ便り」:ハイチの文化的特色(その3) {{!}} APIC 一般財団法人 国際協力推進協会|url=http://www.apic.or.jp/projects/haiti008.html|website=www.apic.or.jp|accessdate=2020-05-07}}</ref>。ヴォドゥンは[[ベナン]]などの西アフリカで広く信じられており、ベナンの[[国教]]となっている。[[キューバ]]の[[サンテリア]]や[[ブラジル]]の[[カンドンブレ]]、{{仮リンク|マクンバ|en|Macumba}}といった信仰・呪術。近年はカリブから欧米への[[移民]]が相次ぎ、欧米各国でも移民の一世、二世らによって信仰されている。
 
[[キューバ]]の[[サンテリア]]や[[ブラジル]]の[[カンドンブレ]]、{{仮リンク|マクンバ|en|Macumba}}といった信仰・呪術の仲間である。もっとも近年はカリブから欧米への[[移民]]が相次いでいるため、欧米各国でも移民の一世、二世らによって信仰されている。
[[ファイル:Voodo-altar.jpg|200px|thumb|ブードゥーの祭壇(ベナン、2008年)]]
[[教義]]や[[聖典|教典]]、[[宗教法人]]として認可された教団は皆無で、布教活動もしない。その儀式は[[太鼓]]を使った[[ダンス]]や歌、動物の[[生贄]]、神が乗り移る「[[憑依|神懸かり]]」などからなる。[[指導者]]としてブードゥーを取り仕切る[[神官]]は「{{仮リンク|ウンガン (ブードゥー教)|en|Houngan|label=ウンガン}}」もしくは「オウンガン」([[フォン語]]: {{lang|fon|hùn gan}}、{{Lang-en|Houngan}})と呼ばれる。
匿名利用者