「鏡山部屋」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター 改良版モバイル編集
2019年9月16日に同じ時津風一門の14代[[井筒]](元関脇・[[逆鉾昭廣|逆鉾]])が急逝した際には<ref>{{Cite news2|title=元関脇逆鉾、井筒親方が死去 58歳すい臓がんか|newspaper=ニッカンスポーツ・コム|date=2018-09-17|url=https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201909160001163.html|agency=日刊スポーツ新聞社|accessdate=2018-09-17}}</ref>、[[日本相撲協会]]が翌17日の緊急理事会で、9月場所千秋楽まで井筒部屋所属力士を一時的に鏡山部屋預かりとすることを決めたため<ref>{{Cite news2|title=鏡山部屋の一時預かりに 師匠急逝の井筒部屋力士ら|newspaper=産経ニュース|date=2018-09-17|url=https://www.sankei.com/sports/news/190917/spo1909170023-n1.html|agency=産業経済新聞社|accessdate=2018-09-17}}</ref>、横綱・[[鶴竜力三郎]]を含む力士3名を一時的に預かった。9月場所終了後井筒部屋は閉鎖され、同じ時津風一門の[[陸奥部屋]]に転籍となったため、鶴竜を含む力士3名と床山1名は陸奥部屋所属となった。
 
2004年(平成16年)3月場所を最後に長らく新弟子を採っておらず、現在2008年(平成20年)5月場所当時序二段鏡竜が引退して以降、所属力士は鏡桜と竜勢(8代鏡山の実子)の2人のみというごく小規模な部屋となっている。
 
== 所在地 ==