「サムスン電子」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
* 1988年、日本の半導体企業は半導体企業トップ10社中6社を占めるが、[[1991年]][[バブル崩壊]]による資金繰悪化でメモリー事業撤退や工場閉鎖など大掛かりに[[リストラ]]すると、三星電子は韓国政府のバックアップを受けて東芝、[[パナソニック|松下電器]]、[[三洋電機]]、[[シャープ]]、[[NEC]]などから[[リストラ]]された日本人技術者を高給で[[ヘッドハンティング]]し、日本人技術[[顧問]]が外国人技術者中77名と大半を占めた結果、最新技術を得る<ref name="nhk2005" />。
* [[1992年]]、東芝とサムスン電子はフラッシュメモリの共同開発と技術仕様・製品情報の供与契約を締結する。[[1993年]]、サムスン電子は韓国初の6メガバイトフラッシュメモリを開発する。[[1995年]]、東芝とサムスン電子は64メガビットフラッシュメモリ技術の共同開発で提携する<ref name="nhk2005" />。
*[[1993年]]3月には、NECと256メガビットを含める先端DRAMの共同開発・情報供与契約を締結する。その時点で256メガビットDRAMを開発したメーカーは世界で[[日立製作所]]とNECの2社だけであった。[[1994年]]、サムスン電子は世界初の256メガビットDRAM開発を宣する<ref>[https://japanese.joins.com/JArticle/256130 【コラム】親企業政策で克日しよう=中央日報]</ref>
*[[1993年]]、[[半導体製造装置]]メーカーである[[SCREENホールディングス|大日本スクリーン]]、[[TOWA]]の現地法人(それぞれに韓国ディエヌエス、韓国トーワ)に資本参加し、半導体製造装置技術を得る。2000年代以降、増資を通じて両社を子会社化しながら社名も変え、[[2012年]]には両社を合併させる。現・セメス(SEMES)社<ref>{{Cite web|title=半導体・枚葉式洗浄装置市場、凄まじい韓国勢の成長 出荷台数でスクリーンを抜いた韓国SEMES|url=https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58098|website=JBpress|accessdate=2019-11-01}}</ref>。
*[[経済産業省|通産省]]が日の丸半導体の先端優位を続けるため[[1996年]]に始めたコンソーシアム「半導体先端テクノロジーズ」に日本メーカー10社以外にも、国際化する世界半導体業界の傾向に鑑み、サムスン電子の加入を受け入れる。しかし、結果的には日本メーカーの復活ではなく、サムスンの国際化と先端製造技術の獲得に繋がり、2000年代以降NECなどの日本メーカーが次々半導体から撤退するとまた多くの技術者がサムスンに流れることになる<ref>[https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/12/post-11458.php 日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか?]</ref>。
141

回編集