「輝ける星」の版間の差分

編集の要約なし
== 概要 ==
* 小松が所属していた[[ZAIN RECORDS]]の関西専用のサブレーベルSpoonful(スプーンフル)が独立したことに伴い移籍後の第1弾シングル。もともとは移籍直後の[[1997年]][[8月27日]]に(当初の[[規格品番]]はSFDJ-1001)発売する予定であったが、発売元がSpoonfulから[[Amemura O-town Record]]に変更となり、規格品番の販社コード移行のため、発売延期されている。
*テレビアニメ『[[忍ペンまん丸]]』のエンディングテーマとして、1997年7月5日から1998年3月28日までの間、全30回でオンエアされ続けた。{{efn|テレビアニメ『[[忍ペンまん丸]]』最終回のサブタイトルは、同曲のタイトルより「輝ける未来、輝ける星」であった。}}
* タイアップが子供向けのアニメ番組であることが考慮され、アニメオンエアの歌詞のクレジットは大半が平仮名で表記されていた。また、CDが発売されて正式な歌詞が発表されるまでは、雑誌などで歌詞が掲載される際もすべて平仮名で書かれていた。
* 制作上の意図により、イントロとアウトロや、1番のAメロの部分など随所にレコードノイズが入っている。
* この曲は前作同様アナログ盤が存在し、[[ミュージックビデオ|プロモーションビデオ]]でも確認できるが、プロモーションビデオ撮影のためにつくられた非売品のものであり市販はされていない。
* タイアップが子供向けのアニメ番組であることが考慮され、アニメオンエアの歌詞のクレジットは大半が平仮名で表記されていた。また、CDが発売されて正式な歌詞が発表されるまでは、雑誌などで歌詞が掲載される際もすべて平仮名で書かれていた。
* 累計売上枚数7万枚。
 
全作詞・作曲/小松未歩 全編曲/[[古井弘人]]
# '''輝ける星'''
#: [[テレビ朝日]]系列テレビアニメ『[[忍ペンまん丸]]』エンディングテーマとして、1997年7月5日から1998年3月28日までの間、全30回でオンエアされ続けた。{{efn|テレビアニメ『[[忍ペンまん丸]]』最終回のサブタイトルは、同曲のタイトルより「輝ける未来、輝ける星」であった。}}
#: 出版者:[[テレビ朝日ミュージック]]、ギザミュージック(スプーンフルミュージック)
# '''傷あとをたどれば'''