「酸と塩基」の版間の差分

タグ: Refタグつき記述の除去
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
酸と塩基の定義は、化学の進展により何度か拡張されているが、[[義務教育]]で習う初歩的な定義は[[水溶液]]に関する。最初に、水溶液の酸と塩基を解説する。
[[ファイル:1-Blue_and_red_litmus_paper.jpg|左|サムネイル|リトマス試験紙]]
[[水]]に[[溶液|溶質]](物質)を溶かし、その水溶液を[[リトマス試験紙]]につけると、溶かした溶質によってリトマス試験紙の色が赤になるものと青になるものがある事が知られている。前者のものを'''酸性'''の水溶液、後者のものを'''塩基性'''(また塩基の中でも特に水に溶け易いものは'''アルカリ性'''と呼ばれる)の水溶液といい、酸性、塩基性の水溶液を作り出した溶質をそれぞれ'''酸'''、'''塩基'''という。
 
リトマス以外の[[化学物質]]に対しても、水溶液が酸性であるか塩基性であるかに応じて、その化学物質を水溶液に入れた時に起こる[[化学反応]]が大きく異なる事が知られており、例えば酸性の水溶液は鉄を溶かして[[水素]]を生じるが、塩基性の水溶液ではそのような反応は起こらない。したがって溶質が酸であるか塩基であるかを知ることは実用上非常に重要である。